地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年12月10日

唐木

唐木
「3」の飯倉からひとつ南、「唐木」バス停。星の原団地が本線から分岐するところです。
比較的昔の行先表示がまだ残っていて、「3」のバリエーションの豊富さを感じることができます。

行先を手広く構えて、それぞれの僻地までバスを分散して走らせるべきか、
それとも資本を集中して乗客の多いところに投下すべきかは、
考え方によってその評価も違ってきますので是非については判断が分かれますが、
趣味の観点からすると、多くの場所に行けるほうが楽しいです。

ほかに「3」は、ひとつ都心寄りの飯倉(もと営業所)行きもありましたので、
ひとつのバス停から行ける行先の数では、西新~飯倉二丁目間のほうが、
飯倉の分だけひとつ多いわけです。
でももうひと昔前、「14」が健在の頃には、
ここから西南分校~七隈四角~茶山を経由して天神方面へのバスも走っていましたから、
行先のバリエーションはさらに充実していました。

過去をあまり後悔せず、お気楽に人生を送っている私ですが、
ことバスに関しては、いまの記憶とデジカメを持ったまま、
小学生に戻りたいと思うこともしばしばです。


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
金武営業所出発のバス
壱岐のバス(野方)
能古渡船場夕景
原
正月のバス
龍の宮で完乗
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 金武営業所出発のバス (2019-07-21 17:17)
 壱岐のバス(野方) (2019-07-02 07:07)
 能古渡船場夕景 (2019-06-28 07:07)
  (2019-04-27 07:07)
 野方チョコ (2019-02-14 23:58)
 正月のバス (2019-01-31 17:17)

Posted by ちょんびん at 08:09│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。