地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年03月03日

伊都菜彩

伊都菜彩伊都菜彩
糸島市の「JR伊都菜彩」、最初の写真奥の茂みは、波多江神社です。
以前バス停標記は「伊都菜々」だった時期があったのですが、
いつの間にか修正されています。糸島市への移行に合わせて、
時刻なども修正されたのでしょうか。


伊都菜彩伊都菜彩
伊都菜彩は、JA糸島の産直市場です。
会社の先輩の話では、産直市場では売上だか来客数だかが日本一らしいです。
北側を走る国道202号バイパスは、週末の午前中、ここのせいで渋滞します。


伊都菜彩
郊外向けバス停だけ見ると、どこに賑わいがあるのかという風景です。


伊都菜彩
休日は夕方でも駐車場が一杯なのですが、
産直市場は野菜などたくさん買い込むのが醍醐味かと思うので、
バスで訪れる人はあまりいないようです。

この辺、風景が完全に変わってしまっているのですが、
もとは昭和バスの「中町」バス停があったあたりだと思います。
周船寺から波多江間を、川原から井原経由という超大廻りで、
今宿から前原まで走っていた路線が好きでした。



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 03:03│Comments(2)昭和バス
この記事へのコメント
わっ!
仕事の途中に立ち寄って、今まさにこの場所に居ます。
驚きました…。

たしかにバス停は新しくなってましたね。
Posted by soramame at 2010年03月03日 10:26
はい、soramameさんの車には発信機が付いており、
立ち寄られたところが自動的に配信されるよう
、、、すいません、もう言いません。

実家のそばなので、車ではよく行くんですが、
いつバス停が更新されたのか気付きませんでした。
Posted by ちょんびん at 2010年03月03日 13:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。