地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年03月20日

三加和総合支所

三加和総合支所三加和総合支所三加和総合支所
「三加和総合支所」バス停、その名のとおり、旧三加和町の役場前です。
現在は菊水町と合併し、旧町名から一文字ずつ取って、和水(なごみ)町になっています。
合併名称としては、とても穏やかな感じで好きです。
三加和という地名も、語感は合併地名のようなのですが、
旧神尾村・緑村・春富村が合併してできているそうで、どこにも三も加も和もありません。
ちなみに、それぞれの村の名は小学校名として今も残っています。


三加和総合支所
総合支所の建物は、バス停から橋を渡った反対側にあります。


三加和総合支所
バス停の近くには交差点がありまして、


三加和総合支所三加和総合支所
北西側の角には、地域のコンビニ。
自販機では珍しいものも売っています。


三加和総合支所
北向きと、三加和温泉側の南向きの道路は中央線もあって綺麗で、


三加和総合支所
東への道路はすぐに右へカーブし細くなるので、
四つ角なんですが、ぱっと見は三叉路のようでもあります。


三加和総合支所
でもバスは、その一番走りそうにない方向から、徐に現れます。
「おもむろに」って、「徐に」って書くんですねえ。
パソコンが勝手に変換してくれまして、今知りました。

この細道を東に、山鹿方向へ行く途中に、平山温泉があります。



同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
高森駅2019
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
阿蘇駅前ウソップ除幕
宮地駅前とあそぼーい
はな阿蘇美と入口
杖立から日田へ帰る
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 高森駅2019 (2020-09-23 07:07)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 阿蘇駅前ウソップ除幕 (2020-09-02 07:07)
 宮地駅前とあそぼーい (2020-09-01 07:07)

Posted by ちょんびん at 20:20│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。