地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年04月05日

桜台団地~永岡

桜台団地~永岡桜台団地~永岡
桜台駅。


桜台団地~永岡
駅前の桜並木を抜けて、


桜台団地~永岡桜台団地~永岡桜台団地~永岡桜台団地~永岡
旧3号線を左折して、次の信号の先に「桜台団地」がありました。


桜台団地~永岡桜台団地~永岡
最後には、平日朝片道1本だけのバス停になり、4/1で廃止となりました。


桜台団地~永岡桜台団地~永岡
バス停のうしろは写真屋さんと介護サービス、動物病院。


桜台団地~永岡
桜台の交差点から奥を眺めても、住宅がたくさんありますが、
バス利用にはつながらなかったようです。


桜台団地~永岡
道路沿い、総合病院の見事な桜が満開です。
この道を走るバスは、きっと美しかったことでしょう。


桜台団地~永岡
永岡の交差点で、国道の高架をくぐって北へ。


桜台団地~永岡桜台団地~永岡
大きな木や、印象的な家を眺めながら、


桜台団地~永岡
旧3号線に、バスカットが残っていました。
二日市方向にもバスが走っていた名残です。


桜台団地~永岡桜台団地~永岡桜台団地~永岡
反対側にバス停が立っていましたが、すでに甘木まで行くものはなくなっていました。
桜台団地の時刻表は白黒コピーでしたが、こちらは一般的な緑の用紙です。
福祉バスのバス停が、微妙な距離感で立っていますが、
西鉄バスが廃止になった今、この立派なバスカットだけが両方向に残ります。


桜台団地~永岡
北に進むと、ヤクルトの工場なんかあったりして、


桜台団地~永岡
高架を過ぎると、石崎はすぐです。
こちらは甘木までのバスが、それなりの本数走っています。
バスの栄枯盛衰は、ほんとうにちょっとした地理的な差で大きく異なります。

ここはまた何かきっかけさえあれば、
またバスが走ることがあるかもしれません、と期待。


同じカテゴリー(二日市)の記事画像
バスセンター(春日)
杷木とインターチェンジ
甘(バスセンター)木
朝倉光陽高校前
本導寺最終
柚須原最終
同じカテゴリー(二日市)の記事
 バスセンター(春日) (2019-08-26 17:17)
 杷木とインターチェンジ (2019-07-23 07:07)
 甘(バスセンター)木 (2019-06-15 20:28)
 朝倉光陽高校前 (2019-05-17 07:07)
 本導寺最終 (2019-05-06 07:08)
 柚須原最終 (2019-04-29 07:07)

Posted by ちょんびん at 18:12│Comments(5)二日市
この記事へのコメント
こんにちは。

この区間は最終日に乗りに行きました。

運転手さんのダイヤ表に「注意!小学生が必ず乗車!」というテープが張ってあり、それとおぼしき小学生も乗ってきました。

やはり路線が無くなるのは寂しいですね。
Posted by Aokumo at 2010年04月05日 22:22
こんにちは。
最終日ということは、大分坑でお目にかかる前ですね。
大分坑のようなところは、二度とここに西鉄は来ないだろうと、
寂寞で涙が出そうなんですが、
永岡のあたりは、商業施設や駅の開発如何でまた、
という可能性を考えて自分を慰めています。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2010年04月05日 23:09
うわぁ~なんだか懐かしい!!
子どもの頃この路線を使って
小学校へ通っていたのですよ^^♪
Posted by SweetColorSweetColor at 2010年04月13日 10:34
p、s、あおくもさんのコメントのように
小学生の頃このバスを使っていたけど
小さいからか、見逃されたり・・・・
バスが停車してくれずに、泣いて帰った経験ありで
何度か西鉄さんに電話入れてもらった事があるのですよ^^;
Posted by SweetColorSweetColor at 2010年04月13日 10:46
SweetColorさん、こんにちは。

お子様の年齢から推定するに(失礼)
通学されていた時代は、本数も多かったのでは?
実際に使っていた方にコメントいただいて嬉しい限りです。

私が小学生のころは、
乗りますって意志表示しないと通過してしまうバス、
西鉄でも一般的に見られました。私もやられたことがあります。
そう考えると、いまの西鉄バスは優しいですよね。
Posted by ちょんびん at 2010年04月13日 15:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。