地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年04月12日

新町(大分坑)

新町(大分坑)新町(大分坑)新町(大分坑)
「新町」といいつつ大分坑バス停の写真から。
3/27の時点で、コミュニティバスのバス停が準備されていました。
バス停の名前が間違っています。「抗」はないよね。
作ったのは地元の看板業者か何かだと思うんですけど、
そういう人たちにすら、「炭坑」という単語が一般的でない証拠かも。

3/31、最後に乗りに行ったときにはすでに翌日の時刻表が掲載してあり、、
大分坑発は、朝6時台に1本きりでした。


新町(大分坑)新町(大分坑)新町(大分坑)
3/27、この風景も見納めなんだなぁ、とサンチマンタリスムを満開にしながら、
バス通りを歩きます。実際は4日後に思いつきでまた戻ってくるわけですが。


新町(大分坑)
といっても新町までは、社宅がすべて撤去されて更地になっているので、
空き地の向こうに見通すことができます。


新町(大分坑)
付近の県道が整備工事をしていました。
廃止前の最後の賑わいのようでした。


新町(大分坑)新町(大分坑)
「新町」、もとの「新町社宅」バス停側からも、大分坑で停まっているバスがよく見えました。

施設改変が起こっても、本数の少ない路線のバス停は放置される例も多い中、
敢えて「社宅」の文字を外して改称したところに、
新生しようとするやる気を感じていたのですが、ただの思い過ごしだったようです。

「西南分校前」はいつまでそのまんまなんでしょうかw


新町(大分坑)
ここを通るたびに気になっていた美容室。
奥の通りから子どもがふたり出てきたので、「おっ!乗客?」と期待しましたが、
水泳教室の生徒さんだったようで、マイクロバスに乗り込んで去っていきました。


新町(大分坑)新町(大分坑)
工事現場でたくさんの人が作業中でしたが、
誰にも省みられることなく、バスは工事車両の横をゆっくりと走ってきました。
大分坑線の各バス停ごとに写真を撮っているので、
感傷的な記事、まだ数回続きます。


同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
西牛隈減少
飯塚工業団地
熊ヶ畑で締め
デイリーヤマザキ田川添田店2
彦山駅と日田彦山線代行バス
小石原
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 西牛隈減少 (2019-07-20 17:17)
 飯塚工業団地 (2019-07-19 20:20)
 熊ヶ畑で締め (2019-04-21 19:19)
 デイリーヤマザキ田川添田店2 (2019-04-20 19:19)
 彦山駅と日田彦山線代行バス (2019-04-19 19:19)
 小石原 (2019-04-18 19:19)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)筑豊
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。