地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年07月20日

港車庫

港車庫港車庫港車庫
サンシャインプールの新バス、どこかで見たことある?と思っていたら、
大阪市バスそのものじゃないですか、とコメントいただきました。
こうやって大阪に行ったときの写真も持ってるのに、
気づかないのですから、かなり重症。


港車庫港車庫
「港車庫」です。


港車庫港車庫港車庫
地理的には、埋立地の住宅が少ない場所にある、
バスの車庫なので、那の津みたいなもんだと思ってください。
路線は両側から延びてますし、埠頭の端という感じでもないですが。


同じカテゴリー(その他)の記事画像
桜島フェリーと鹿陸交通
秋芳洞
西鉄ホテルクルーム博多温泉大浴場
松浦鉄道一周
初太古
音浴博物館
同じカテゴリー(その他)の記事
 桜島フェリーと鹿陸交通 (2019-11-03 07:07)
 秋芳洞 (2019-10-21 17:17)
 西鉄ホテルクルーム博多温泉大浴場 (2019-10-13 17:17)
 松浦鉄道一周 (2019-10-04 07:07)
 初太古 (2019-09-25 07:07)
 音浴博物館 (2019-09-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)その他
この記事へのコメント
いやいや「重症」じゃないですよ…よくあることです

大阪の市バスで思い出すのは、乗務員の運転の要領がいいこと。御堂筋での、側道からの車線変更なんか、分離帯の隙間からスラスラと抜けて…福岡では見ることのないような飛ばし方でした
実際に乗ってて、県民性というか、府民性を直に感じた瞬間でもありました
Posted by あかずきんくん at 2011年07月20日 20:49
大阪市バス、このときに何本か乗りましたが、
あまり運転内容を記憶していません。
速くも遅くもない、標準的なのに当たったのかもしれません。

車体についても、天保山で見た水色の方が印象に残っていて、
この緑帯は、写真に残していなかったら、
きっと覚えていなかったでしょう。漫然とバスに乗っておりますw
Posted by ちょんびん at 2011年07月22日 21:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。