地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年05月10日

葛原

葛原葛原
「葛原」、バス停の後ろはすぐ海です。


葛原葛原
堤防沿いに道路があって、


葛原葛原葛原
道路の山側は防風林に覆われており、待合室だけがぽつんと建っていて、


葛原葛原
潮風にやられて、板の海側は色あせています。
同じバス停なのに、最初の写真、陸側と対照的です。


葛原
林を抜けて集落にお邪魔すると、


葛原葛原
広場に公園。


葛原
小さな購買店。


葛原葛原
小道の電柱には、津波注意の標示がありました。


葛原
チリ地震によって起きた津波が、高いところでは数メートルにもなるかも、ということで、
友人が是非体験したいとレンタカーまで借りて行くと言うので、
付き添いで便乗してみました。

太平洋側の外海に面した所がよいだろうという相談の結果、
日南や宮崎あたりも候補に挙がりましたが、福岡からの移動距離を考えて、
ここ大分県佐伯市の、旧蒲江エリアを選びました。

海岸線をずっと走ったうえ、湾が外海に開けていて、
いざというときは高い所に逃げられそうということで、ここ葛原で待機です。


葛原
すこしくらいの高浪なら、ここに登ればよいのでは、という浜辺の岩山。


葛原
普通の波とは明らかに見た目が違う、台形に盛り上がったような波がやってきて、
そのまま川を逆流して遡上していきました。
津波を見たことがなかったので、見てわかるものか疑心暗鬼でしたが、
本当に急に潮位が増し、そのあと急に引いていくんです。
河口のコンクリにも、急に水嵩が増して、すぐに引いた跡が、くっきりと残っています。
高さ15センチから20センチくらいの津波だったのだと思います。
地元のおばちゃんたちと、わいわい騒ぎながら眺めることができました。


葛原葛原
そんな騒ぎはどこ吹く風、波当津行きの最終バスが、葛原を通り過ぎていきます。
波当津までは、海沿いの高台をもうひとつ越える必要があります。
そしてバスは波当津で夜を過ごし、翌朝の始発便に備えます。



同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
竹田営業所
中高
刈小野
稲葉
白丹(しらに)
梅の木
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 竹田営業所 (2020-07-26 07:07)
 中高 (2020-07-25 07:07)
 刈小野 (2020-07-24 07:07)
 稲葉 (2020-07-23 07:07)
 白丹(しらに) (2020-07-22 07:07)
 梅の木 (2020-07-21 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)大分バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。