地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年02月09日

谷の河内

谷の河内谷の河内谷の河内
バス停がバス停であり続けるためには、最低限何が必要なのか、
西鉄バスエリアでは考える機会がありませんでした。
少なくともバス停の標柱と頭の鉄板と時刻表は、
どこでもデフォルトで装備されいるものでしたから。

「谷の河内」時刻表はあります。待合室だった建物もあります。
中には業務用の紙が散乱しています。
屋根にはバス標示が掲げられていたような名残がありますが、
掛け金のようなものが残っているだけです。
待合室後ろの急斜面を捜索すれば、落ちているかもしれません。


谷の河内谷の河内
国道は拡張されて、谷を高架橋で繋ぎ、
斜面の中腹を一直線に貫いていきます。


谷の河内谷の河内谷の河内谷の河内
バス通りが高い位置にあるので、下の平地部分が見下ろせますし、
同じような高さに柱状節理が見えたりします。
ただ、バス利用者がいそうな場所は、見る限りどこにもありません。



同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
阿蘇大観峰
オートポリス
E高の旅
谷の河内
杷木とインターチェンジ
夜明駅前
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 阿蘇大観峰 (2020-08-14 07:07)
 オートポリス (2020-08-13 07:07)
 E高の旅 (2020-08-12 07:07)
 谷の河内 (2020-07-30 07:07)
 杷木とインターチェンジ (2019-07-23 07:07)
 夜明駅前 (2019-01-31 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。