地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年05月21日

筑前深江駅前

筑前深江駅前
地下鉄車両もやってきます、筑肥線の筑前深江駅。
前回はコザル連れでしたが、最近は付き合いが悪くなりましてw


筑前深江駅前
そんなコザルも、順調にアホに育っております。巨大オレオw


筑前深江駅前
昭和バス時代のバス停は、左のブロック壁沿いにありました。


筑前深江駅前
いなほ焼きの店ができてます。


筑前深江駅前筑前深江駅前
駅前の建物を、あらためて撮ってみたりして。


筑前深江駅前
深江駅へ戻ります。


筑前深江駅前筑前深江駅前
駅の出入り口すぐそばに、新しいバス停ができました。


筑前深江駅前筑前深江駅前
どんな形にせよ、バス停の復活というのは嬉しいもんです。

前原市と志摩町、二丈町が合併して糸島市になったのを機に、
それぞれの市町の中心地を結ぶコミュニティバスの路線ができました。
これにより、前原や志摩の中心である「初」までも、100円で行けます。

ホリデーアクトパスのおかげで、土日の西鉄はタダなので、
宮の前団地から九大伊都を経て、前原駅に昭和タクシーで行けば、
自宅から筑前深江駅まで、300円です。
1日3本しかないですけどね。志摩~二丈。ものすごく時間もかかりますけどね。

ただ私、バスは長く乗っているほど幸せになるので、
遠回りしてくれて、運賃が上がらないならば、それに越したことはないのです。
一定金額あたりの乗車時間が長くなりますからね。
そのわりに、西鉄の100円循環や、衛星都市のコミュニティバスに萌えないのはなぜでしょうw
でも「25」貝塚とか大好きですよ。「54-1」はまだ乗ってませんね。



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)昭和バス
この記事へのコメント
こんにちは。

ちょんびんパパさんとコザルさんの様子が目に浮かぶようです。微笑ましく感じました。たまに登場するお子さまは、付いて来たがるのですか? ちょんびんパパさんが誘っているのですか?
コザルさんの付き合いが悪くなったら、次は是非奥さまを( ´∀`)/

この付近は、太宰府〜唐津を下道で移動する際の休憩ポイントです。日向峠方面から来て線路を渡ってすぐのT字交差点のところの某Lコンビニにて。でも閉まっちゃったんですよね(涙)。
Posted by Kassy at 2010年05月22日 00:01
Kassyさん、こんにちは。

うちのコグマとコザルは、父親がバスばかり乗るのを知っているので、
最近は誘っても付いて来ませんw
私自身は妻子から放っておかれたほうがバスに乗りやすいので、
みんなでドライブに行っても、適当なショッピングモールに皆を残し、
ちょっと乗ったり撮ったりして戻ったりします。

自分が行くコンビニが狙ったように閉まるのは、気のせいでしょうかw
T字交差点手前のFコンビニや、左折した後のSコンビニは健在なのに。
Posted by ちょんびん at 2010年05月23日 09:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。