地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年08月24日

東山田

東山田
ここは浜玉町の「東山田」。
もとは昭和バスの終点であり、浜玉町の乗合タクシーに運行が移行し、
市町村合併で唐津市になりましたので、
今は唐津市運営で乗合タクシーが走っているはずです。


東山田東山田
道の脇に待機スペースがあるだけのバス停。


東山田
坂の上には、まだ住宅がいくつも見えていますが、


東山田
集会所があるところで、バス路線が終わります。

この辺の終点は、どこでも幸せになれます。何があるわけではないです。
どちらかというと、農村風景以外は何もない、と言った方が正しいと思います。

バスの終点に初めて行く、という作業は、何があるのかを確認しに行くわけですが、
また、何もないことを確認することも多々あります。
ただ、そこがバスの終点である理由、というのは必ずあるわけですから、
なぜそこまでバスが走ってきているのか、ということに思いを馳せ、
あたりの景色を眺めるだけで、日常に戻っていくことになります。

そんな終点の中で、
ああ、まだ同じようにバスは走っているのだね、という確認のために、
また戻ってきたくなる場所、ってのがいくつかあります。
七山や浜玉、三瀬や富士あたりの昭和バス終点は、
私がまだ中学・高校生で、機動性や財力が今よりさらに低かった時代に、
無理して訪問した場所が多いので、思い入れもその分大きいです。
それはすでに、バスの終点を再訪するという行為でありながら、
自分の過去を辿ることに主眼を置いた作業なのかもしれません。


同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)
 昭和バスの期間限定新設路線を少し (2018-07-07 23:58)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)昭和バス
この記事へのコメント
明日 東山田のバス停先の山にいきます
以前ナビで行きました所 全然違う所に行ってしまいました
福岡から浜玉有料道路で参ります。
もしよろしければ、東山田バス停布巾の住所または道をおしえ
ていただけませんか
Posted by min at 2012年01月05日 14:45
当方、ナビを使ったことがありませんので、
ぜんぜん違うところに行ってしまった原因が想像つかないのですが、
東山田のある唐津市浜玉町東山田が、
合併以前は佐賀県東松浦郡浜玉町だったことが関係していますでしょうか。
郵便番号で検索できるのであれば、849-5123を入力してください。

道は、浜玉有料を降りて、西九州道に乗らず202号唐津バイパスに出て、
干居の交差点から左に曲がると、あとは道なりに行けます。
浜玉町内は、集落ごとに案内看板が出ているので、
山田から東山田を目指してください。
Posted by ちょんびん at 2012年01月05日 23:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。