地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年07月10日

虹の松原駅前

虹の松原駅前虹の松原駅前虹の松原駅前
虹の松原駅です。


虹の松原駅前虹の松原駅前虹の松原駅前
鏡虹町、美しい地名です。駅の後ろに鏡山が控え、ここは虹の松原。
有名な場所のわりに、駅は片側ホームの質素なつくりだなぁと昔から思っています。
駅南側にはジャスコができたり、宅地開発が進んだりしているのですが、


虹の松原駅前虹の松原駅前
駅の前は、昭和の時代の観光地だった風景から、変わっていません。
筑紫耶馬溪とか、三瀬の湖畔荘とか、
現在の価値基準では、観光地としてのインパクトに欠ける場所に行くバスでも、
物凄い利用客がいた時代があることを思うと、時の流れを感じさせられます。
ここまで列車でやってきて、松原おこしを買って帰った人も、
過去たくさんおられたのでしょうが。


虹の松原駅前虹の松原駅前
昭和バスの鏡、七山路線は、私が認知した時代からすでに斜陽で、
それほど本数が充実していた記憶がないので、
コミュニティバス転換など行われているとはいえ、「虹の松原駅前」、
このご時世にそこそこ走っているほうだという感覚でいます。

ただ、松原内の旧街道を東唐津に抜けるバス路線が廃止になり、
唐津大手口に向かうバスが北からやってきて、
踏切を渡り、新道側へ走っていくのは、どうもまだ慣れません。
常時訪れている場所ではないので、永遠に違和感を持ったままかもしれません。
私がしっくりこなくてもいいので、バスは走り続けてもらいたいものです。



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。