地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年05月02日

肥前町あたり

唐津界隈の昭和バス路線がわからない方には、
まったく意味不明の、しかも長文です。申し訳ありません。

昨晩の時点では、有田の陶器市に行こうと思ってたんです。
で、朝は目覚めるに任せて、時計を見てみると6時過ぎ。
7時15分天神発の、始発の「わかくす」に間に合いそうなので、
とりあえず家を出て、BCまで行きました。

わかくすに乗ろうとして、ついでに昭和バスの時刻表も見たら、
1日1本の「唐津城入口早稲田佐賀中高前」行きが
僅か7分後、7時22分発であることに気づき、あっさり予定変更。

せっかくなので、唐津城から宝当桟橋側に渡って、
昭和バスの本社でバスを(主に幕を)撮り、大手口へ。
さて、伊万里へ回るか、それとも多久から武雄か。

どちらにせよ3000円くらいは使いそうなので、
大手口で昭和バスの回数券を調達しておきました。
300円×12枚で3000円。自動販売機で買えますし、
10円刻みで好きな金額が選べるので、とても便利で得です。
額面300円にしておいたのは、3枚使って1000円弱になるので、
唐津~伊万里、唐津~天神など使い勝手がよく、
適当なところで降りたくなった時にも使えるからです。

するとそこに、「有浦・高串・星賀」の遠回りバスが。。。。乗っちゃいました。
乗った時点で、有田に行く可能性はほぼゼロになります。
せっかく肥前町まで行くなら、星賀だけでなく、
高串、納所、仮屋、菖津と、できる限り終着点を廻りたいですし、
どうせなら乗ったことのない、鷹島大橋を渡る入野~鷹島も、と欲が出ます。

車内で星賀、納所、高串からの戻り便を検索し、
先に納所に行って、気が向いたら海岸線を星賀まで歩こう、と決め、
入野で鷹島行きの時刻を確認してから、納所行きに乗り換えます。
納所に着いて撮影していたら、素敵なものを見つけ、
運転士さんとも仲良くなったので、高串まで同じバスで帰ることにしました。

高串に着いて、乗り換えるのは、さっき入野まで乗った、星賀からの折り返し便。
時間が30分ほどあるので、細浦から高串温泉まで歩いて、
さらに折り返して高串を過ぎ、土井の浦でバスを待つことに。
ところが、土井の浦で山側を見ると、斜面を走る車が見えます。
「ここから、坂を走り去るバスが撮れたら面白いかも」と思って、
乗るはずだったバスを、わずか数秒の思いつきで見送りました。

写真自体は、期待したほどではないにせよ、そこそこのものが撮れたのですが、
いかんせん次に乗れるバスがないので、本線との合流点である古保志気まで、
坂道を歩いて登る羽目になりました。自業自得。
今日はとてもよい日和だったので、大汗をかきつつ歩きます。

古保志気から星賀まで乗車。久しぶりの訪問です。

折り返しバスは1時間後、鷹島大橋がきれいに見えたら、
近くまで歩いて行こうと思ってましたが、
星賀バス停付近からの眺望は、あまりよくありません。
なら入野までの途中バス停を撮影しながら歩くか、と
また坂道を登りはじめます。自分でも酔狂だと感じます。

このあたりの地形は、丘の稜線に沿って幹線道路があって、
そこから集落のある浦に向けて、側道が蛇行しながら下っていますので、
バスの終着から幹線道路へは、常に急峻な登りです。

それでも松山まで戻って、鷹島大橋への道と合流しました。
14時です。入野から鷹島へのバスは16時半までありません。
でも鷹島から入野へのバスは、15時45分があります。
入野から鷹島まで、バスの設定は15分。
表定速度が30km/hとすると、距離は8キロくらい。
バスに間に合うように、歩けるかもしれません。
とりあえず、鷹島大橋まで行ってみることにします。

橋には歩道が完備されていました。
向こう側、鷹島の入口には、道の駅もあるようです。
これは歩いて渡らねば。途中で振り返ると、星賀の港も見えました。

道の駅に着いて、14時45分。バスまであと1時間です。
入野~道の駅(名前は「鷹ら島」)~鷹島支所のバスは、
入野~道の駅が7分、道の駅~鷹島支所が8分の設定。
途中バス停が4つあるので、これを撮影しながらだと、
思わぬ時間をとられることもありそうです。

しかも、島内の「松浦市営バス」がどういう路線なのか、まったく知りません。
乗れるようなら、少しの区間でも体験してみたいものです。
まぁ戻るのは鷹島発17時発の最終がありますし、
殿之浦港へ行けば、鷹島から今福への船も健在です。
といういろいろな考察の結果、鷹島支所まで歩いたのですが。。。。。
登り坂が思ったより多かったです。

鷹島支所って、殿之浦港の近くにあると思ってたんですよね。
というか、実際直線距離はすぐそばなんですよ、高低差があるだけでw
で、島の地形は、幹線道路から集落のある浦に行く道は、
きつい下り坂のはずですから、道の駅からある程度登ったら、
あとは鷹島支所への道は下るはず、、、が、
鷹島支所、幹線道路のすぐ脇にありました。最後まで登りやし。

15時45分発のバス、鷹島支所まであと100メートルってとこで、
私の脇を走り去っていきました。

ならば1時間あまりの時間ができましたので、
殿之浦港まで往復するか、って途中まで歩いたんですが、
港まで1キロと看板が出ている場所から、真下に船着場が見えて、
こりゃあ帰りすごい登りになるバイ、と博多弁で断念。

入野から切木経由で唐津に出て、からつ号で天神へ。
後ろにいた「21A」に乗って、九産大前のハローでチキンカツ食べて、
家に戻りました。いやあ、文章書くのに疲れました。

原→「202博多駅」→天神警固神社三越前 270円

天神BC→「からつ号」→唐津城入口早稲田佐賀中高前 1000円
唐津城入口~徒歩~宝当桟橋~大手口

昭和バス回数券購入3000円分(300円×12)

唐津大手口→「有浦・高串・星賀」→入野 960円(3枚)
入野→「切木・高串・納所」→納所 260円
納所→「高串・切木・唐津」→高串 420円(1枚)
高串~徒歩~細浦~福祉センター前~高串~土井の浦~田野入口~古保志気
古保志気→「切木・星賀」→星賀 340円(1枚)
星賀~徒歩~里~伊仲~松山~道の駅鷹ら島~
下神崎~上神崎~神崎入口~石川~
里入口~営業所~消防署前~殿之浦入口~営業所(鷹島支所)
鷹島支所→「入野」→入野 300円(1枚)
入野→「切木・唐津」→唐津大手口 960円(3枚)
唐津大手口→「からつ号」→天神日銀前 1000円(3枚)

天神郵便局前→「21A雁ノ巣RC」→唐の原 420円
唐の原→「26A天神」→天神三丁目 420円
天神三丁目→「2田隈新町経由四箇田団地」→原 270円

ホリデーアクトパス2010上半期41日目(使用26日目)
バス無料利用1380円分、累計76500円分、交通費累計119820円

最後までお付き合いいただいた方、読了感謝です。ありがとうございます。

同じカテゴリー(行程表)の記事画像
福岡オープントップバスきらめきコース
FOTB祭
始終
ホリデーアクトパスを買いました2018
7726を追いかけて
佐賀俳句ハイク
同じカテゴリー(行程表)の記事
 結果的に自粛のはじまり (2020-04-05 23:58)
 車検通勤 (2020-04-01 23:58)
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 平面長崎駅と片江1134最後 (2020-03-22 23:58)
 竹下営業所初日訪問 (2020-03-21 23:58)
 久留米の未乗部分 (2020-03-20 23:58)

Posted by ちょんびん at 23:59│Comments(4)行程表
この記事へのコメント
おはようございますm(__)mそしてお疲れさまです。
いやぁ、昨日見てきたバス停がわんさかありますね(笑)
それにしても、鷹島肥前大橋を渡るとは…。車でもそれなりの長さを感じましたよ。渡るのを諦めた人がここに居ますからw

歩いて県境を越えるっていいですね。宝珠山にでも行こうかな…。
Posted by TGW at 2010年05月03日 08:24
地味なネタですが星賀のちょっと手前にある「伊仲」バス停は、ちょっとツッコミたくなります。
Posted by じま at 2010年05月03日 13:24
早稲田佐賀、今住んでいるところから結構近いです。
あそこの降車場って、「唐津城入口」の下に小さく「早稲田佐賀中高前」って書かれてますよね。どうでもいいですが。

私も唐津に移ってからあまり経ってないですが、大方の内容は理解できましたので、楽しく読ませていただきましたw
5月2日は確かに気温が高かったので、長い距離を歩くのはさぞかしたいへんだっただろうと思います。お疲れ様でした。

唐津は、市内循環が片回りだったり、市内線が中途半端な本数だったりして、久留米に比べると若干の物足りなさがありますね。。。
大手口から東の方へ向かうバスが多いのはうれしいですが(^^;
Posted by Salam817 at 2010年05月03日 20:57
>TGWさん、こんばんは。
調子に乗ってかなり歩きました。
そして、ニアミスしてたのがわかったので、
かなり気合を入れて詳細に行程を書いてみました。

こうやって、私の他愛もない記事をきっかけに、
有田に行ってみよう、と考えてもらったのがわかると、
こちらも書き甲斐があるというものです。
それなら書いた予定通りに行動してみろっていうツッコミはナシでw

>じまさん
「確かに『いなか』です」って、文章まで思い描きながら、
記事にするときしっかりネタにさせていただく予定で撮ってます。

>Salam817さん
唐津は昭和の本拠地ですから、ぜひ楽しんでください。
そして、いろいろご指導よろしくお願いします。

久留米とは都市規模が違いますから、
市内線の本数が少ないのはやむを得ないところでしょう。
そのかわり、少ない本数でいろいろなところに行かないといけないので、
郊外線の経由バリエーションは凄いですよ。

からつ号、よぶこ号に乗れなくていいので、
2000円くらいで一日乗車券があるといいんですけどね。
Posted by ちょんびん at 2010年05月03日 23:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。