地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年07月23日

川原

川原川原川原
橋をつくるのが今よりも技術的に大変だった時代、
普通の道路はそれなりに拡張されたり整備されたりしても、
橋だけは昔の幅のまま残っていて、
ここが橋だ、とすぐ意識する場所、けっこうありましたよね。

最近は道路拡張で、きっちりと橋も造られてしまうと、
道路の幅は歩道までも同じで続いていくので、
川だと認知しないまま通り過ぎてしまうところも多数。
ちょっと立ち止まってみると、こんな日田の山奥にも、日ノ本橋。


川原川原川原川原
そんな川沿いに、木工屋の倉庫だったと思しき小屋、
すでに機能してはいないようなのに、川へせり出した部分の壁に、
なぜかバス停。ちゃんとバスが毎日やってきます。
日祝日はお休みですけれど。

ガードレールより川のほう、設置するのに手間のかかりそうな場所、
バス会社によって、道路選択やバス停設備や回送設定など、
運営に特色が見えますが、大分県内のバス停設置に対する姿勢は、
まだどうも私の常識では測れない部分が多く、興味深いです。


同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
杷木とインターチェンジ
夜明駅前
被災地杷木
水害後の浜川
日田バス杷木
九重インターチェンジ
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 杷木とインターチェンジ (2019-07-23 07:07)
 夜明駅前 (2019-01-31 07:07)
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 日田バス杷木 (2016-12-12 18:46)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。