地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2010年06月25日

杉河内

杉河内杉河内杉河内
日田と玖珠(森町)の真ん中、日田バスの「杉河内」です。


杉河内杉河内
バス来ました。本数少ないので、油断していました。
日田に向かって、バスは走り去っていきます。
カーブを右に曲がった先に、久大線の杉河内駅があります。


杉河内杉河内杉河内
道路の反対側には、無人の販売所など、


杉河内杉河内杉河内
と撮っていたら、またバスが!
日祝日、ここを経由するバスは僅か3往復ですが、
昼過ぎは日田行きが12時20分、森町息が25分と、間を空けずにやってきます。
時刻表を調べてみたら、10時台は両方向とも05分発ですね。
3往復しかないバスのすれ違い姿が見られるとしたら貴重です。


杉河内杉河内
国道から階段を下って、


杉河内杉河内杉河内杉河内
滝の脇にある茶屋の前にも、杉河内のバス停があります。
こちらは平日2往復しか走らない、森町~泊里~杉河内~下園のバス停です、
2往復といいつつ、午前中に森の町へ下り、
午後から杉河内の坂を登って山浦へ向かうという、
山浦側に行ったらバスで戻ってこられないダイヤが組んであります。
そういう難易度の高さはそそられる部分ですが、まだ乗ったことがありません。


杉河内杉河内杉河内
これからの季節、滝を眺めつつビールを飲んで焼肉、なんてのもよいですね。
私はまったくアルコール不調法なので、麦茶で十分でございますが。



同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
杖立から日田へ帰る
瀬の本高原
阿蘇大観峰
オートポリス
E高の旅
谷の河内
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 杖立から日田へ帰る (2020-08-16 07:07)
 瀬の本高原 (2020-08-15 07:07)
 阿蘇大観峰 (2020-08-14 07:07)
 オートポリス (2020-08-13 07:07)
 E高の旅 (2020-08-12 07:07)
 谷の河内 (2020-07-30 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。