地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年05月24日

どうでもいい原

九州のバス時刻表で、地元「原」をキーワード検索すると、
「原を含むバス停は1000件あります。」と、ちょうど千件らしいです。偶然。

どのくらいの頻度で増減するのかわかりませんが、ちょっと嬉しい私w

同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
謎のまま180613
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)
 2020年3月21日ダイヤ改正バス停改称 (2020-03-11 17:17)
 どんたく号 (2019-09-21 07:07)
 LED行先表示を眺めて (2019-05-02 07:07)
 空ちょん西鉄バス福岡鬼ごっこ (2018-12-09 23:58)

この記事へのコメント
やっぱり、「原往環」でしょ♪
Posted by かっちゃん at 2010年05月25日 07:05
スルーできない、大人になれない私を笑ってください。。。

原往「還」だからねw
Posted by ちょんびん at 2010年05月25日 12:38
原って、多いと思います、そして福岡は原を「はる」「ばら」と
読む場合が多いですよね。。

かすがばる、じんのはる、ひばる、ちょうじゃばる、、etc、usw、、

他所から来た人は不思議に思うそうです。

「かずがはら」やろうって、、(汗)
Posted by なかの at 2010年06月02日 07:33
原は複合句の場合、九州では「はる」の方が多いですよね。
単独の場合、「はら」と読むこともありますが。
私は両親が京都出身で、そういう読み方に過剰反応を示すので、
地名に関心を持つようになりましたし、
バスへの興味にも繋がっていると思います。

私は5才までしか京都にいなかったので、
現在では「かすがはら」って言われた方が違和感が。。。(笑)
Posted by ちょんびん at 2010年06月02日 17:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。