地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年11月28日

芥屋

芥屋芥屋
芥屋の大門。糸島半島の端っこの観光地です。
ただ、海からの眺めがよい奇岩は、陸から見てもピンと来ません。
柱状節理の具合から、水で削られそうなのはイメージできますが。


芥屋芥屋
茂みの奥に抜けていくと展望所があるようですが、
そちらまで進んだことがありません。


芥屋
芥屋芥屋
神社があり、境内には土俵もあります。
私は体格が人よりかなり大きいので、
昔からよく「相撲に誘われたことないの?」と聞かれるのですが、
まったくそんな経験がありません。才能ないのが見てわかるんでしょうか。


芥屋芥屋
物産品の直売所もありますが、あまり賑わっているようには見えず。
糸島には、初の朝市や伊都彩菜など、ライバルが多いように感じます。


芥屋芥屋芥屋
福岡市西部や糸島の路線がどんどん縮小される中で、
終点らしい終点として残っている、「芥屋」は、
大門を望む海岸からは少し離れた場所にあります。


芥屋芥屋芥屋
民宿があって、駐車場があって、転回場の奥にトイレがあって(笑)、
バスの終着点としての雰囲気は、いまも抜群です。


芥屋芥屋
そんな場所ですが、来たバスは誰も乗せずに、出発して行き、


芥屋芥屋
また、静寂が戻ります。
かくいう私も、最後にバスでここに来たのは、いつだったか。
原付を手に入れるより前の気がします。ということは20年以上前?!


同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)
 昭和バスの期間限定新設路線を少し (2018-07-07 23:58)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。