地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年06月02日

訪問0.5回 その002

001と3ケタになっているところからも分かるとおり、
100回単位で続くことも想定しているシリーズ、まさかの2回目ですw

訪問0.5回 その002
「石井」。いきなり日田バス。


訪問0.5回 その002
「藤光一丁目」。


訪問0.5回 その002
「飯塚第3」。
時刻表検索で、飯塚バスセンターとは別バス停として扱われているため、
飯塚第3からどこかへ行く時刻を検索した後、帰りの時刻表を見ようとすると、
直通路線がないと言われて、面倒な思いをすることもしばしば。


訪問0.5回 その002
「笠松陸橋」。
新飯塚まで行かず、ここで乗り継ぎがうまくいく場合、
常に時間との戦いになります。


訪問0.5回 その002
「ゆめタウン大牟田」。


訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002
「鳥栖駅前」、ロータリーが改修される前です。
地元四箇田営業所が移転して、○箇が消えたのを惜しいと思ったので、
ほかの営業所マークも撮ってみたのですが、いまひとつそそられず。


訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002
「山家道」。
乗換ポイントで、近くにJRの高架もありながら、
いまひとつ記事にするポイントが見当たらず。


訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002
「上中杖上分」。目達原の奥、商店街の中です。


訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002
「荘島」。堀川バスの路線図は、ぜひチェックしておきましょう。


訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002
「土井団地入口」。チェックしている最中にバスがやってきて、
思わず乗ってしまった場所は、けっこう多いです。


訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002訪問0.5回 その002
ここ「枝光駅前」もそうですね。
東田温泉廃止のときに来て、「79」を待たず「42」に乗ったりとか。

同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
謎のまま180613
コザル小学校卒業
営業所めぐりバスあるきの惨憺
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 どんたく号 (2019-09-21 07:07)
 LED行先表示を眺めて (2019-05-02 07:07)
 空ちょん西鉄バス福岡鬼ごっこ (2018-12-09 23:58)
 空ちょん西鉄鬼ごっこ開催概要 (2018-12-06 23:13)
 バスオフ「チーム1028」開催 (2018-10-28 23:59)
 にしてつ電車まつり2018バスクイズ大会蛇足 (2018-10-15 21:29)

この記事へのコメント
こんにちは。

西鉄大橋駅も検索するときけっこう面倒ですよね(^o^;) 「ありません」と書いてくれれば、あれ?と気づきますが、西鉄大橋駅に到着する大橋駅止メも、西鉄大橋駅降車場に到着する直通バスもあるものだから、なおさらです。降車場という言葉を額面通りに受け取ってはならないのだなあ、と思いました。
Posted by Kassy at 2010年06月04日 10:09
Kassyさん、こんにちは。

大橋駅のような、バス停が2か所以上に分類されている場合、
検索するのにセンスや予備知識が必要になるという、
不完全な状態は確かにありますねぇ。

ほとんどの人は、出発地と目的地、
特定の2点間を検索できればよいので、
HPの検索システムは、その観点ではよくできているのです。
ただ、どこに行くか決まっていなくて、
乗り継ぎがスムーズにいく方へ向かいたがる私のような人間にも、
面倒だと感じさせるものになっていると思います。
Posted by ちょんびん at 2010年06月04日 12:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。