地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2010年06月30日

楠浦の眼鏡橋

楠浦の眼鏡橋楠浦の眼鏡橋
天草市、旧新和町の、楠浦集落。
南に向かう旧道に架かっていた石橋が残っています。


楠浦の眼鏡橋楠浦の眼鏡橋
いまも歩いて通れます。私が乗っても大丈夫だったので、
普通の方なら誰でも安心して通行できると思います。
隣に神社がありました。


楠浦の眼鏡橋
川の水はさほど多くないため、橋の影が映ることはなく、
眼鏡とよんでいいものかどうかは、微妙なところですが、
向こう側の道を走る産交バスと、よく映えます。



同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
並建
野中町
保戸窪
吉祥寺入口
飽田支所
川口二丁・二十丁
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 並建 (2020-12-13 07:07)
 野中町 (2020-12-12 07:07)
 保戸窪 (2020-12-11 07:07)
 吉祥寺入口 (2020-12-10 07:07)
 飽田支所 (2020-12-09 07:07)
 川口二丁・二十丁 (2020-12-08 07:07)

Posted by ちょんびん at 21:42│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。