地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2010年06月15日

中田港

中田港
天草、旧新和町の「中田港」です。
牛深港を見た後に訪問したので、その規模や性質の違いが顕著で、面白かったです。
水産物の加工を仕事にしてますが、日常生活に船は全く関係がありません。
港というと観光目的で島に行く際にしか訪れませんが、
ここでは、航路は道路の延長みたいなもんで、ただそれが陸地ではなく、
船という媒介によるという違いしかなく、交通手段として当然のものなのでしょう。


中田港中田港中田港
切符を販売する施設のほかに、資料館などもありますが、
人の暮らしている様子はまったく見えません。
本当に、船に乗り込むためだけに立ち寄る場所のようで、
一日の航送がすでに終わった夕暮れ、辺りは静まり返っています。
前の道路を走り抜ける車さえまばらです。


中田港中田港
バス停から横断歩道を渡ると、


中田港中田港中田港
ただ船に乗り込むための、最低限の設備があるだけです。
口蹄疫の影響で、消毒用のマットがあります。
この日福岡で借りた車は、なぜか宮崎ナンバーでした。
不要不急の観光に来ている迷惑な訪問者に見えたことでしょう。


中田港
港に着いた車のためだけに、道路案内の看板が掲げられています。
船も車もいないときに見たからでしょうが、違和感があって印象に残りました。



同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
日本合成前
谷尾崎線戸坂経路変更
川口農協前二丁
走潟農協前四丁平木
通詞島
城の浦
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 日本合成前 (2021-11-22 07:07)
 谷尾崎線戸坂経路変更 (2021-11-03 07:07)
 川口農協前二丁 (2021-10-20 07:07)
 走潟農協前四丁平木 (2021-10-15 07:07)
 通詞島 (2021-10-05 07:07)
 城の浦 (2021-09-30 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。