地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年05月07日

九大工学部前

九大工学部前
「九大工学部前」は、西鉄バスの西の終点。


九大工学部前九大工学部前
整然と並ぶ建物は、シムシティのよう。


九大工学部前九大工学部前
周囲は、山がち。


九大工学部前
九大工学部前
基本的には、昭和バスメインの地域。
九大学研都市駅からの学生輸送は、
時には積み残しが出るほどの繁盛ぶりだそうです。
どういう意図があるのか、駅~大学の運賃は200円。
距離通りの換算をすれば、もっと高いはずですが。


九大工学部前
前原駅方面へは、糸島市のコミュニティバスが走っています。
波多江駅経由、泊経由、馬場経由と3系統あります。
こちらも運賃は200円均一。


九大工学部前
西鉄は、基本的に天神との直通輸送中心。
といいつつ、西エリアに住んでいる私は、
宮の前団地や生の松原団地南からの利用が便利。
ホリデーアクトパスを持ってまして、実家は福岡舞鶴高校のそばなので、
九大工学部まで来て、昭和バスに乗り換えるのが最安。
後藤寺で急行の最終が出たあと、中谷廻りのほうが安いのと同質の遠回り。


九大工学部前
奥に待機場がありまして、
西鉄と昭和バスが一緒に停まっている風景も、ここでは日常です。


九大工学部前九大工学部前九大工学部前
バス停には、ここが九大工学部前である、という主張が薄いです。
平日の利用者は、西鉄もけっこうあるようなのですが、
通学と帰宅、極端な片方向需要なので、
回送区間が長くなるのは効率がとても悪いようです。

そんな中、多少でも採算性をよくすべく、
エコルカード利用者には、このエリアだけ別料金が課されるシステム。
普通のエコルカードで100円払うか、
伊都エコルカードという、高めのパスを買うかの選択を迫られる中、
ホリデーアクトパスで乗せていただくのは、多少の罪悪感と優越感があります。

といっても、周りに観光地や商業施設があるでもなく、
バスに乗る以上の目的でここに来ることもないのですが。


九大工学部前
てな感じの写真を撮ってから、すでに2年が経過して、
最近やっと改めていく機会を得ましたが、
あんまり変わってなかったので、そのまま載せてみます。

変わったことといえば、前原市が糸島市になったことくらいかも。


同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)
 昭和バスの期間限定新設路線を少し (2018-07-07 23:58)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。