地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年07月15日

球場前

球場前
「球場前」。
確かに野球場ってのはそんなに数があるわけでないので、
地域の人たちにとっては、球場といえばここなのでしょう。
固有名詞が入っていないのでなんとなく座りが悪いように感じますが、
そんな感覚を覚えるのは、きっと私のようなよそものだけで。


球場前球場前球場前
まっすぐの国道、農協の施設、特別なバス施設があるわけでもなく、
バスは球場の駐車場入口付近になるスペースで転回して、
そのまま時間になるまで待機します。


球場前
鹿島方面のバス停前には、ここにも饅頭屋があります。
饅頭屋と言っても和菓子屋ではなく、
基本、皮の部分は同じで、中の餡をいろいろと変えるタイプです。
肉まんとかカレーまんとか、惣菜系のバリエーションや、
チョコとかカスタードとか、甘いものもあります。

大浦の、亀の浦入口バス停にも同じような饅頭屋があり、
どちらも店頭にショーケースがありながら、
販売品目は店内に入らないとわからないという設えも同じです。
片方がもう片方から分家したのか、このあたりの一般的な食べ物なのでしょうか。


球場前球場前
ここまで乗ってきたバスが行先を変えて、中山に行くのにまた乗るわけですが、
途中で広谷入口の方向幕も見ることができました。
祐徳バスの鹿島・太良エリア、新篭と広谷はどちらも朝1便だけなので、
1日でなるべく多くの路線に乗ろうとしても、必ずどちらかが抜けます。
今回は広谷入口を諦めたので、幕だけでも見られたのは幸運でした。


同じカテゴリー(祐徳バス)の記事画像
中牟田
新篭2016 クリーク脇の終点
常広 祐徳バス新篭線の途中
東吉田
田代
鮒越入口
同じカテゴリー(祐徳バス)の記事
 祐徳廃止惜別 (2019-09-04 23:58)
 中牟田 (2017-12-12 06:06)
 新篭2016 クリーク脇の終点 (2017-04-20 06:06)
 常広 祐徳バス新篭線の途中 (2017-04-19 06:06)
 東吉田 (2017-02-15 19:00)
 田代 (2017-02-14 19:19)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)祐徳バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。