地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年07月16日

中山

中山中山中山
「中山」。

1日3本というのが、僻地バス停の最低限の必要本数だと思います。
朝、通学通院者は集落を出るバスに乗り、
病院に行ってバスで帰ってくるには、昼間に便が欲しいところです。
通学者は夕方しか帰らなくても大丈夫なのかもしれませんが、
日中をずっと街で過ごすほどの用件がない人もたくさんいるでしょう。
昼に往復便があれば、昼から街に出ることも可能です。

西肥に乗って、平日しか走らない2路線を体験しましたが、
どちらも3便が設定されており、浅子教会線は利用者も多かったです。
佐世保市の福祉パス利用者ばかりだったので、
運賃収入は大したことなさそうですが。

といっても、各地の高齢者向け優待定期券には、
年配の人が家に閉じこもらず、バスを使って適度に歩き、
活動することで健康増進効果を狙う側面もありますので、
バス単体の採算性とは別の費用対効果測定が求められます。

何にせよ、乗客があってこそのバス路線ですから。
そういう意味では、この日の祐徳はどこも残念な状態でした。


中山中山
中山バス停奥に転回スペースがあり、そこで集落も途切れます。
民家はここまで、あとは上にキャンプ場があるばかりだそうです。


中山中山
誰に出会うこともなく、折り返し便が静かに走ってきます。
田舎のバス路線に乗っていると、よく見る一般的なバス停と民家の風景ですが、
気候、時間、車両、運転士、草花、ひとつとして同じものはないのです。


同じカテゴリー(祐徳バス)の記事画像
中牟田
新篭2016 クリーク脇の終点
常広 祐徳バス新篭線の途中
東吉田
田代
鮒越入口
同じカテゴリー(祐徳バス)の記事
 祐徳廃止惜別 (2019-09-04 23:58)
 中牟田 (2017-12-12 06:06)
 新篭2016 クリーク脇の終点 (2017-04-20 06:06)
 常広 祐徳バス新篭線の途中 (2017-04-19 06:06)
 東吉田 (2017-02-15 19:00)
 田代 (2017-02-14 19:19)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)祐徳バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。