地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月01日

古園

古園古園
1日2往復の「古園」(栗木)、なのに泊まり運用があります。
ということは、朝こちらから出発しての2往復なので、
街からここにやってきて折り返せるのは1便のみ。
予定を組む時には、ここを軸に考えることになります。
といっても、朝早く博多を出れば、各駅停車でちょうど有佐まで着ける時間に、
栗木行きの唯一便が発車しますので、さほど負担でもなかったのですが。


古園古園古園
古園での待機時間が30分ほどあり、車庫に収まります。
全面幕は岩奥や河俣からでも同じ、鏡経由八代産交行きなのですが、
側面はちゃんと栗木からの分であることを表示しています。


古園古園古園
車庫の先にもいくつか住宅がまだ見えますが、
地図で見る限りはこのあたりで集落が途切れます。
段々畑が整備されていますが、車庫横の斜面はかなり急勾配です。
ガードレールの向こう側には、のどかな風景が広がっています。
バス停がここになかったら、来ることもないだろうなぁ、という場所です。

路線が現在まで存続するかどうかも運に左右されるところは大きく、
その中から伺える場所というのもまた限られている中、
何かが私を呼んだんでしょうね。ここにw


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松島190331
赤崎2019
本渡190331
遊覧船のりば前
上天草病院前
松島庁舎
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松島190331 (2019-06-22 07:07)
 赤崎2019 (2019-06-21 07:07)
 本渡190331 (2019-06-14 17:17)
 遊覧船のりば前 (2019-05-12 07:07)
 上天草病院前 (2019-05-03 07:07)
 松島庁舎 (2019-04-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
こんにちは!  

また、すごいところですねぇ(・_・;)
車庫も小ぶりですから、普通の民家と見間違えそうです!
しかも、ここでの泊まり勤務があるなんて・・・食料準備していかないと、とんでもないことになりそう!(^_^;)
Posted by あかずきんくん at 2010年08月01日 13:02
こんにちは。

8月最初は、産交バス続きます。
この古園や岩奥、河俣など、周囲の終着点はどこも、
車庫があり泊まり運用があります。

でも、運転士さんはバスを車庫に置いたあと、
車で近くのご自宅に帰られていきます。
なので、特段の買い出しは必要なさそうです。

そんなこの辺りの路線、
ひととおり9月末をもって廃止となるらしく、
今週末に改めて訪問して、記録してきます。
Posted by ちょんびん at 2010年08月01日 20:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。