地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年08月08日

最早

3時起きで、八代地域に行ってきました。
ハンズマン、T氏が一緒です。

■麻生交通
払川
坂本石段前
和小路
氷川ダム前

■産交バス
古園
落合
河合場
白岩戸
和小路
氷川ダム前
下鶴
二重
振興センター前
立神遊園地前
皈り坂
坂より上分校前
文政廻し
八代産交
東町
産島
郡築入口~十一番

ホリデーアクトパス2010下半期13日目(使用7日)
無料使用なし、累計9960円分、交通費累計159990円

同じカテゴリー(行程表)の記事画像
福岡オープントップバスきらめきコース
FOTB祭
始終
ホリデーアクトパスを買いました2018
7726を追いかけて
佐賀俳句ハイク
同じカテゴリー(行程表)の記事
 結果的に自粛のはじまり (2020-04-05 23:58)
 車検通勤 (2020-04-01 23:58)
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 平面長崎駅と片江1134最後 (2020-03-22 23:58)
 竹下営業所初日訪問 (2020-03-21 23:58)
 久留米の未乗部分 (2020-03-20 23:58)

Posted by ちょんびん at 23:05│Comments(5)行程表
この記事へのコメント
ちょんびんさま、おはようございます。

かなりのハードスケジュールでしたね。お疲れ様でした。
「東町」はいかがでしたか?

ところで路線廃止を控えた「八代市」に「まさか」の新路線が
誕生するかも!?です。

ヒントは広報やつしろ8月号にあります。
Posted by まさちゅん at 2010年08月09日 09:00
まさちゅんさん、こんにちは。

日中の行動内容としてはいつもと同じで、
そんなにしんどいものではなかったんですけど、
最初に栗木からの始発をつかまえるために、
朝だけはとても早くなってしまいましたね。
私の車の保険の都合上、私しか運転できないので、
帰りに玉名で20分ほど寝かしてもらいました。

まさかの新路線、神杉野~千蔵木みたいなとこの話でしょうかw
市内に交通空白地をつくらないために、僻地にもバスを走らせようとすると、
そこまでのアクセス道路の都合上、
反対側の別の行政区域からアクセスするしかないという地理状況、
佐賀橋~板屋なんかもそうでしたよね。

8/16・17に近くまでは行く予定なんですが、
こんな路線ができるなら、ダイヤ改正後に延期して、
別の場所を先に廻っておこうかと思うくらいです。
手前までは、定期観光バスも走り出しましたし、
このエリア、観光地としても積極姿勢が見られますよね。

って、内緒話にしなくてもいいんでしょうけどw
しかも、まさちゅんさんの想定されているものと、
私がいま話題にしているものが別である危険性も。。。
Posted by ちょんびん at 2010年08月09日 11:41
東町、笑いました。ちっとも町じゃないしw
近くに人が住んでる気配もないですよね。
オオサンショウウオは住んでるそうですが(爆)。
でも東町までの路線は、10月以降も走るんですよね。
Posted by ちょんびん at 2010年08月09日 11:44
そう、それです!!まさに板屋や千蔵木に似てますよね。
「椎原」は「しいば」って読むのでしょうか???

8/16,17は予定通り行かれた方がいいですよ。
「内谷」は1年前も土砂崩壊で長らく不通になってましたから。
今度いつ乗れるかも分かりませんからね。

「いつまでも あると思うな バス路線」
Posted by まさちゅん at 2010年08月09日 12:47
人吉産交から五木村を経て、旧泉村の椎原まで行く路線、
昨日も岩奥の方が話題にされておられました。
坂本や東陽の路線が抹消される中の新設、
どういう判断だったのか気になりますが、驚きですね。
廃止一辺倒の経費節減かと思いきや、
思わぬところに路線ができて嬉しいです。

今月はここまで産交の記事しか載せていないのですが、
これでまた産交比率が上がりそうな勢いです。
産交バスの旅、を別枠で立ち上げないといけませんかねぇw

椎原は、郵便番号一覧の振り仮名によると、
「しいばる」のようです。
Posted by ちょんびん at 2010年08月09日 17:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。