地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月27日

道隈~柿の内

道隈~柿の内道隈~柿の内
リクエストいただきました、「道隈」両方向です。
「204」の藤ヶ丘団地線ができてから、約30年になります。


道隈~柿の内
メインの発着点である壱岐丘中学校が野方から近いので、
需要がないと思われる時間帯は容赦なく回送で走ります。
そのため、午前中は姪浜や天神方面に厚く、
夕方は藤ヶ丘団地方向だけたくさん走りますが、
送りや折り返しの入出庫便がないので、とても偏った本数になっています。


道隈~柿の内道隈~柿の内道隈~柿の内
南行きのバス停後ろには、電柱がたくさん置かれています。
隣の古い民家の庭と道路面の高さが大きく違います。
また、脇道が途中まで広いのですが、その先で用水路が現れて道幅が狭くなり、
車道は行き止まりになっています。
バス通りの横には不自然に広い歩道があり、
旧道は写真向かって右側だったのを、嵩上げして水路を越え、
左側に新しく道を造ったことが窺えます。


道隈~柿の内道隈~柿の内
分岐から旧道に入ります。こちらも少し先まで中央線が引かれています。
左側に鮮魚店が経営する居酒屋があります。
写真を撮っていたら、私の仕事場にもやってくる魚滓処理のおっちゃんが、
ここからトラックに乗って出てきました。世間って狭いなぁ。

魚関係の調理をしている業者の組合では、
ホネやアラなど魚をさばいた後に出るゴミを回収して、
家畜飼料や肥料として再利用しています。
だから、魚屋と魚メインの居酒屋にやってくるのは不思議でも何でもないんですが。


道隈~柿の内道隈~柿の内道隈~柿の内
居酒屋の先、右側には道隈集会所がありました。
道隈というのは、この辺の昔の大字なんでしょうね。
今は野方二丁目になっています。
いま新しくここにバス路線ができたのだとしたら、
バス停の名前も野方二丁目とかになっていたかもしれません。

大河原、柿の内、道隈、通町、中村など、
現在の住居表示では使われていない名前のバス停、
壱岐営業所の回りに多くあります。

道隈の交差点は、道隈バス停よりかなり南側にあり、
最寄のバス停は隣の壱岐南小学校のほうが近いですので、
こちらは別で採りあげます。
橋本駅の方角に向けて新しい道が建設中です。


道隈~柿の内
北側、「柿の内」は道隈よりも後からできたバス停です。
旧西区が3分割され、早良区、城南区ができたときだったでしょうか、
西区に残った金武・羽根戸あたりから野方を経由して姪浜路線ができたのは、
西区役所が藤崎から姪浜に移転したため、その需要が見込まれたようです。
藤ヶ丘方面から野方を経由せず下山門~姪浜と走る「97」ができたのは、
複乗するまでもないと判断されたのでしょうが、
でも野方近辺に行きたい人をケアする意図で、柿の内が設置されたのだと思います。


道隈~柿の内
この区間、道沿いにとても医療関係が多いんです。
まず柿の内バス停正面に歯医者。


道隈~柿の内
壱岐南小学校の後ろに、村上華林堂。


道隈~柿の内道隈~柿の内
都心向けバス停の後ろは自動車販売ですが、
その対面には動物病院。


道隈~柿の内
伊藤内科。側道の奥には、いとうメンタルクリニックという脳神経外科もあります。
苗字が一緒ですし、たぶん親族でしょう。

福岡市内をぶらぶらしていると、
佐田、松口、案浦など、さほどメジャーでもない苗字の病院が、
市内各所に点在しているのを見ます。
一族なのかなあと思ってみたり、でも診療科が違うところも多いですし、
親子とかだったらもっと近くで開業するのではと考えてみたり。
突き詰めるほどのことでもないので、調べてはいないですが。


道隈~柿の内
その先に老人保険施設、と医療関係施設ばかり撮っていたら、
救急車が通りがかりました。この北側に消防署もあります。


道隈~柿の内道隈~柿の内
てなことを考えながら歩くと、もう柿の内に到着します。
バス停の横は整形外科、そしてグループホームです。


道隈~柿の内道隈~柿の内
さらに、野方方面にはデイサービスセンター、
その隣はもう野方の交差点です。カドにはまた歯医者があります。

周辺に人が多くて、でも大きな土地が確保できる程度にそこそこ田舎で、
交通の便も悪くなくてという、住むのにも適当な環境だということでしょうね。


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
姪浜駅南口バス停
早良高校前
金武営業所出発のバス
壱岐のバス(野方)
能古渡船場夕景
原
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 姪浜駅南口バス停 (2019-09-18 07:07)
 早良高校前 (2019-07-26 17:17)
 金武営業所出発のバス (2019-07-21 17:17)
 壱岐のバス(野方) (2019-07-02 07:07)
 能古渡船場夕景 (2019-06-28 07:07)
  (2019-04-27 07:07)

Posted by ちょんびん at 21:07│Comments(2)福岡青
この記事へのコメント
こんばんは。
リクエストに早速応えて頂き、有難うございます。
とても嬉しいです(^-^)

えー、道隈ですが昔、都心向けのバス停は埋め込み式
ではなくて、コンクリートの支柱に立っていました。
中学生の頃、夜に友だちと塾の帰りに少しずつそのバス
停を自分の家の近くに動かしました。1日15㎝ずつくらい。

さら地の前にあったバス停はちょっと商店街の前にかぶる
位に動いたところで、(10メートル位動かしたでしょうか)
また元の場所に戻されました。
運転士が気付いたのか、住民か店の人が連絡したのか
知りませんが。…申し訳ありませんでした。

昔は家の前にバス停があったら幸せ~なんて思ってまし
たが、今はそんなこと全く思いません。むしろ真ん前にあ
ったら逆に嫌です。


柿の内。
都心方面からバスで来ると運賃の境が柿の内なんですね。
柿の内で降りるのと道隈で降りるのとでは、30~50円違っ
たんです。姪浜ー柿の内が170円なのに道隈だと210円。
なので、最寄のバス停は道隈ですが、柿の内はそんな理由
でよく利用していました。

また野方遺跡や野方西団地、野方天満宮に行く人は料金が
変わりますが、柿の内は変わらないんだよ~と無意味な優越
感を感じていました。くだらないですね。

因みに柿の内といえば、「オートショップ北村前」というアナ
ウンスが頭に残っています。
昔は大河原の前にもオートショップ北村の支店がありました
が、何故、大河原は「千鳥饅頭千鳥屋前」なのか不思議に
思ったものです。

楽しく拝見させていただきました。
どうも有難うございましたm(__)m
Posted by 髭眼鏡 at 2010年08月30日 20:54
こんにちは、さすが地元、コメント面白く拝見しました。


>少しずつそのバス停を自分の家の近くに動かしました。
1日15㎝ずつくらい

こういうこと、本当にされる方がおられたとは!
誰が元に戻したんでしょうか。
さらにいうなら、もとの場所ってどのくらいの厳密さで、
どういうふうに位置登録がされてるんでしょうね。

私もバス好きではありますが、
バス停の前に住みたいとは特に思いません。
プロフィール写真に載せているバス停レプリカ、
息子が見て、「これ立てたらバス来る?」と言ってましたがw
立てる気もありません。


>野方遺跡や野方西団地、野方天満宮に行く人は料金が
変わりますが、柿の内は変わらないんだよ

これ、とても大事なことですw
我が家は原と原往還がほぼ等距離なので、
運賃区分が改定されて、
原往還が原と同運賃になったときは欣喜雀躍いたしました。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2010年08月31日 14:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。