地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2010年11月29日

広告危機

先日、ひさしぶりに西鉄電車に乗りました。
天神から久留米まで30分、退屈なときは広告を眺めるのですが、
天井壁面の広告が、まったくありません。
不況で企業が広告出稿を控えて、広告業界は苦しいと聞いてましたが、
それを実感する状況でした。

通路に下げられている吊り広告は、
壁面と違って全て埋まってはいるのですが、
西鉄グループのものが多く、
いったいどれだけがちゃんとした金額を払っているのやら。
2扉の特急車両、7箇所の吊り具があって、1箇所に裏表で4枚なので、
全部で28枚の広告があるわけですが、

かしいかえん
西鉄ホーム
西鉄ホーム
マリエラ
ニモカおすすめ映画
九重西鉄ホテル花山酔
★年末ジャンボ
西鉄カレンダー
西鉄サンカルナ
★天神エフエム
マリエラ
インキューブ
★県立美術館ミッフィー展
アロマセミナー
★ゼクシィ
★イムズ
★ハウステンボス
★新天町
マリエラ
九重西鉄ホテル花山酔
★ワコール
★NHK
西鉄カレンダー
ソラリアステージ
マリンワールド
★九州歴史資料館
ニモカおすすめ映画
西鉄ホーム

と、西鉄グループ以外の広告、半分に満たないです。
メモするために通路を少しずつ移動する私は、とても怪しかったことでしょうw
不特定多数にまず見てもらうことで知名度を上げるという、
看板効果の広告って方法論が、すでに行き詰っているのかもしれません。

今年もあと1ヶ月あまりですが、ちゃんと年が越せますように。

同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
謎のまま180613
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)
 2020年3月21日ダイヤ改正バス停改称 (2020-03-11 17:17)
 どんたく号 (2019-09-21 07:07)
 LED行先表示を眺めて (2019-05-02 07:07)
 空ちょん西鉄バス福岡鬼ごっこ (2018-12-09 23:58)

この記事へのコメント
バスも同じですね。バスの広告も系列会社の広告がほとんどです。
景気が悪くない時はほとんど他社の広告ですが、景気が悪くなると系列会社の広告でいっぱいになってます。

以前は運転席裏の光避け部分には西鉄沿線の毎月の行事予定表が貼ってあった時期もありましたが、今は広告無しのバスもあるようです。

さらなる運賃値上げと客離れが進まないことを祈りつつ…
Posted by 暇工作 at 2010年11月29日 22:01
バスはよく乗ってて、ここのところずっとそういう状態なので、
すでに見慣れてしまいましたw
電車は久しぶりだったせいか、目がそちらに行ったんですが。

逆にこのくらい不況だと、
運賃値上げは申請しても通らないかもしれませんね。
全体的に物価も上昇してませんし。

私自身は、比較的お気楽に生きているつもりですが、
社会全体を覆う、現況に対する手詰まり感と、
将来を悲観する不安の蔓延が身にしみることもあります。
ぱーっと明るい気分になるスイッチは、どこにあるんでしょうね。
Posted by ちょんびん at 2010年11月29日 22:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。