地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年01月12日

緒方駅前

緒方駅前緒方駅前
豊肥本線の緒方駅。
12月28日に年末の仕事を終えて、そのまま夜に車で出発。
途中、阿蘇で仮眠をとって、4時半くらいに到着しました。


緒方駅前緒方駅前
駅前には大きな広場があって、駐車場は320円
まずはここに車を停めて、大分バスの旅を始めます。
商店や旅館があるでもなく、思っていたより駅前の街並みは静かです。
このあと、午後から市民病院の方へ行ったところ、
そちらにはスーパーなんかもあって、活気があったのですが。


緒方駅前緒方駅前緒方駅前緒方駅前
大きなスペースが駅前にありますが。
バスはそちらに進入するでもなく、道なりに進みます。
バス停も道沿いの建物に凭れるかのように、ひっそりと立っています。

12月29日、大野竹田バスは平日ダイヤ。
土日祝に走らない路線が多いので、この年末の1日は大きいです。
同じ大分県でも、日田バスは31日まで平日ダイヤなので、
年末は大分が狙い目のようです。

去年は熊本を中心に乗っていましたが、
昨年末からの勢いで、今年はまず大分中心でスタートします。


緒方駅前
西側の、コミュニティバス乗り場には、
ちゃんとした待合所が設けてあります。


緒方駅前
大分バスグループから転換した路線を中心に、
旧緒方町内各地に路線が延びています。
尾平鉱山は、祖母山系への登山口になっていて、
土日祝も走りますので、登山客の利用もあるかもしれません。
そのせいか、町外者は運賃倍額、というシビアな設定がなされて、
地元に税金払ってない人は相応に負担してね、という立場がとられています。

走る経路は面白そうなんですが、
なんか正規のバス会社でない運行だと、いまひとつ惹かれないんですよね。
SUNQパスも使えませんし。



同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
パークプレイス大分
パークプレイス入口
旧大手前跡
「新」大手前
佐伯駅前
臼杵港フェリーターミナル
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 パークプレイス大分 (2020-04-22 07:07)
 パークプレイス入口 (2020-04-21 07:07)
 旧大手前跡 (2020-04-08 07:07)
 「新」大手前 (2020-04-07 07:07)
 佐伯駅前 (2020-04-06 07:07)
 臼杵港フェリーターミナル (2020-04-04 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)大分バス
この記事へのコメント
おはようございます。

尾平鉱山ですが、機会がありましたら是非訪問をオススメします。
昨年の冬に行きました。崩れた民家などがそのままになっていたり、
秘境ムード満点です。途中の「上畑」までは数年前まで大分バスの
路線が走っていましたが、運転士の方によるとこの付近では「最狭」
の路線だったとのこと。
午前中の路線で一往復して「米山」から竹田方面に向かうと効率が
よさそうです。
Posted by まさちゅん at 2011年01月12日 08:58
尾平鉱山、すごいとこなんですね。
竹田までは、鯛生から黒川~久住を越えるとけっこう近いので、
雪の懸念がなくなったら、また攻めて行きたいと思います。
Posted by ちょんびん at 2011年01月12日 12:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。