地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年01月24日

大白谷

大白谷大白谷大白谷
「大白谷」。


大白谷大白谷
山あいに大きな平地があって、


大白谷
道はまだ先に続いていきますので、終点という雰囲気でもなく、


大白谷大白谷
フリー区間の看板と、平日2往復だけの時刻表。
長閑な雰囲気ですが、特徴のない終点です。

と、写真を撮った部分だけだと淡々と終わる場所なんですが、
ここまで来る途中の多彩さは、半端じゃありません。

朝の下りと午後の上りだけ複乗区間がありまして、
そちらが寄る「代」という終点バス停。この転回が凄まじく、
また沿線に奇岩石橋、鍾乳洞や狭い橋もあって、感嘆のオンパレードです。

とはいえ、平日2往復のバスを、撮るためにやり過ごす度胸はなかったので、
詳細はハンズマンさんの記事へリンクしておきます。



同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
竹田営業所
中高
刈小野
稲葉
白丹(しらに)
梅の木
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 竹田営業所 (2020-07-26 07:07)
 中高 (2020-07-25 07:07)
 刈小野 (2020-07-24 07:07)
 稲葉 (2020-07-23 07:07)
 白丹(しらに) (2020-07-22 07:07)
 梅の木 (2020-07-21 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(3)大分バス
この記事へのコメント
もう今更お別れに行けそうに無いですが、大白谷と川辺循環が廃止だそうです…。もちろん代もです…。
Posted by ハンズマン at 2012年03月29日 00:18
豊後辻も平日の朝1往復のみとなります。
豊後大野市の広報によるとこちらも来年の
春には廃止になる模様です。
Posted by まさちゅん at 2012年03月29日 18:30
そうやって、だんだん町内バスに移行していくわけですね。
最後に残るのは、やまびこ号だけかもしれないですね。
オープントップバスに興味を示している場合ではありませんねw

大白谷は、一度経験できただけでもよしとしたいと思います。
惜しみだすときりがない、というのが最近の心情です。
とはいえ、またみんなでどこか行きたいですね。人吉あたり?
Posted by ちょんびんちょんびん at 2012年03月29日 23:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。