地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年01月26日

大野橋

大野橋
「大野橋」。豊後大野市の大野町と清川町を繋ぎます。


大野橋大野橋
待合室に、貼られたバス鉄板。


大野橋
橋。


大野橋
大野橋
川の両側は、垂直に切り立っています。
原尻の滝なんかでも、唐突に落差ができますし、
そういう侵食のされ方をする地質なんでしょうね。

カリアゲハンセン、という火成岩の種類を覚える呪文wがあり、
花崗岩、流紋岩、安山岩、玄武岩、斑レイ岩、閃緑岩と、
名前は全部覚えてますし、パソコンもきっちり変換してくれますが、
私の岩石に関する知識は、これで全部です。
20年前、センター試験の地学は、満点だった筈なんですがねぇ。
ということで、どうしてこういう地形になるのかは、
どうぞ私でない頼りになるどなたかにお尋ねください。



同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
竹田営業所
中高
刈小野
稲葉
白丹(しらに)
梅の木
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 竹田営業所 (2020-07-26 07:07)
 中高 (2020-07-25 07:07)
 刈小野 (2020-07-24 07:07)
 稲葉 (2020-07-23 07:07)
 白丹(しらに) (2020-07-22 07:07)
 梅の木 (2020-07-21 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)大分バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。