地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年01月09日

守実温泉

守実温泉
山国支所から西に延びる道は、


守実温泉
もと鉄道が走っていた跡。
現在はサイクリングロードとして整備されています。


守実温泉
中津から耶馬渓を抜け、ここ守実温泉が終点でした。


守実温泉
駅の跡地が、広い駐車場になっていて、


守実温泉
その片隅の小さな待合所が、「守実温泉」バス停です。


守実温泉守実温泉守実温泉
時刻表は待合所の片隅に貼られ、観光案内図も掲げられていますが、
守実温泉だという標記は見当たりません。


守実温泉
旧町内を繋ぐ、コミュニティバスの時刻表もあります。
合併して中津市になりましたが、バスの運行はまだ旧町の施策を引き継いでおり、
山国町はコミバス転換されてしまいましたが、
隣の旧耶馬溪町は、柿坂を中心にローカル路線が健在で、
上福土・相の原・奥畑・樋桶山・下伊福と、魅力的な終点が並びます。


守実温泉守実温泉守実温泉
さらに奥に、バスの駐車場があります。
正面からの写真は、フェンスに阻まれてバスが見えません。


守実温泉
守実温泉から豊後森まで乗ったリエッセは、
運賃表が懐かしいフィルム式。
福岡では、佐世保への高速バスでしか出会わないのですが、
大交北部のローカル線ではまだ一般的に見られるそうです。
こういうものも、福岡で一般的に見られた当時は、
なんてことないものだったんですが、今では感慨一入です。



同じカテゴリー(大分交通)の記事画像
高速安心院
パークプレイス下
南端小学校前
目刈
岩戸寺
伊美港
同じカテゴリー(大分交通)の記事
 高速安心院 (2020-07-31 07:07)
 パークプレイス下 (2020-04-20 07:07)
 南端小学校前 (2020-02-20 07:07)
 目刈 (2020-01-21 07:07)
 岩戸寺 (2019-09-15 07:07)
 伊美港 (2019-08-30 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(4)大分交通
この記事へのコメント
懐かしいです。8月のSUNQパス旅で見た運賃幕w
初めて見た時の気持ち、今でもはっきり覚えてます。あー、また行きたいなぁー。
Posted by TGW at 2011年01月09日 18:15
はじめて、という言葉に反応w
そうですか、TGWさんの世代はもう、
小さい頃に幕運賃表を見てたわけじゃないんですね。

この趣味は、行きたいところが無限にあるうちが、
どこを選ぼうか悩んでいられていいんでしょうね。
常に追い立てられているような気にもなるんですけどw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年01月09日 21:19
一生懸命銘板探した記憶があります。
この辺の路線、存命だったらどれくらい珍バス停があったろうとか想像すると悔しいですよね。

実は福土線のバス停、未発見が4箇所くらいあります。
Posted by ジマオ at 2011年01月09日 23:09
ジマオさん、福土まだ未確認があるんですね。
ではちょっと、お先に探索に行きましょうかねw

中通りが普通のバス停になってしまい、
他の地域もうかうかしていられないと思います。
でも、なくなる前にジマオさんに出会えて、
一緒に探索できたのでよかったです。
実際に行ってみたら変わってた、では悔しさも募るばかりですから。
Posted by ちょんびん at 2011年01月10日 08:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。