地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年02月06日

慈恩の滝

慈恩の滝
「慈恩の滝」というバス停があるわけではないです。
「早水」バス停から駅の方に歩くと、
ガードレールに切れ目があって、


慈恩の滝
畑に下りる、小径があります。


慈恩の滝慈恩の滝
この道、右側の灌木は、急斜面に生えていて、
下に地面があるように見えますが、踏み込めば奈落の底に落ちます。
決して足を踏み入れないようにご注意ください。


慈恩の滝
河原は、緩やかな流れなんですが、


慈恩の滝慈恩の滝
ここで、急に垂直に落ちていきます。慈恩の滝の上部です。
滝の地形がどうなっているのか体感できる場所です。


慈恩の滝
道に戻って、急坂になる手前のU字カーブ、
ガードレールの右端から下を覗き込むと、


慈恩の滝
遥か下に、国道や線路、玖珠川が見えます。いい眺めです。


慈恩の滝慈恩の滝
車道はここから蛇行して高低差を稼ぎ下りますが、
徒歩であれば近道の階段もあります。


慈恩の滝慈恩の滝
下ったら、慈恩の滝。滝の裏側まで歩いていくことができます。
時計回りのほうが縁起がよいとのことなので、素直に従いましょうw


慈恩の滝慈恩の滝
滝に向かって左側から進み、


慈恩の滝
瀑布の裏へ。
滝なので当たり前ですが、けっこう濡れますw


慈恩の滝
そして、右側から戻ってきます。


慈恩の滝
この周辺、ほかにも滝の多い地形のようです。
ただ、上側下側、両方からこれだけ滝に近づける場所って、
なかなか珍しいのではないかと思います。


同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
夜明駅前
被災地杷木
水害後の浜川
日田バス杷木
九重インターチェンジ
くじゅう登山口
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 夜明駅前 (2019-01-31 07:07)
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 日田バス杷木 (2016-12-12 18:46)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)
 くじゅう登山口 (2016-10-19 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。