地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年01月06日

多久発着所

多久発着所
佐賀のバスセンターから多久行きに乗ると、
幕には徳万経由多久発着所行きと書かれていますが、
現在の終点バス停には、「多久」としか書かれていません。


多久発着所

前日からの雪で、バス停の反対側はこんな感じ。
北側と南側でこれだけ違うと、お日さまの有難みがよくわかります。


多久発着所
現在のバス停は、多久の駅前、


多久発着所
すこし唐津寄りに立っています。
ここの主幹路線は唐津~佐賀ですので、
JRとは連携というより競合関係にあります。


多久発着所
多久市内の循環バスは、駅のロータリーに入ってきますが、
昭和バスの一般路線は入ってきません。
このあたりにも、微妙な距離感があるようで。


多久発着所多久発着所
駅前には、味のある建物も残っていますが、
基本的に再開発の途中、という様相で、
真新しい建物がいくつかと、そして空き地がまだ多い状態です。


多久発着所多久発着所
それにしても、この年末年始は、よく雪が降りましたね。
このあと武雄行きで馬神峠を越えたのですが、
いつから昭和バスは雪国を走るようになったんだい、
という景色が広がっていました。





同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。