地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2011年02月13日

イオン臨時とゆめ臨時

イオン臨時とゆめ臨時
臨時「堅田橋」。


イオン臨時とゆめ臨時
臨時「松島一丁目」。

ゆめタウン博多の商圏として、
国道3号線バイパスがひとつの線になっているのと、
バスが公道巡回で折り返すという事情とで、
これまでになかった行先ができています。


イオン臨時とゆめ臨時イオン臨時とゆめ臨時
「26B」。
新宮エリア~イオン香椎浜の輸送がメインなので、
行先表示も明快です。
天神に行く人は、「26A」のほうが早いし、
この表示だと、人丸~和白のような区間利用はしづらいし、
イオンに行きたい人の利用だけで成り立つわけもなく、
いいところを走るわりに、扱いの難しいというか、
なんかもうひとつ捻りたい印象を受ける私です。


同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 ちょんびん行程表独立のお知らせ (2020-09-02 19:55)
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。