地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月24日

鴨生口第一

鴨生口第一鴨生口第一鴨生口第一
「鴨生口第一」、「13」が廃止になると、乗り換え接続点ではなく、
ただの途中バス停になってしまいます。


鴨生口第一鴨生口第一
鴨生方面は、弁当やの前。
この辺の路線、ちっとも詳しくない私、
こんな感じで、広い敷地の前に待合所だけって、
以前は後ろに転回場とかあった名残のように見えるんですが、いかがでしょう。

鴨生口が第一と第二に区分されたの、最近のような気がしますが、
この経緯もどうだったか、記憶していません。
もともとは「13」の経路しかなかったところに、
「23」が接続するようになって、バス停は別に交差点の手前につくって、
あとから現在の第一のほうにも停まるようになったんですかね。
小笹みたいなもんだと思ったらいいんでしょうかw


鴨生口第一鴨生口第一
飯塚方面、案内看板はひどいことになっております。


鴨生口第一
「13」に乗るのもこれが最後かと。3月「13日」だったのはただの偶然。


鴨生口第一鴨生口第一
このあと車窓から、「樋渡し」のバス停を見ました。
川沿いから集落に近い内陸部へ、バス停が移動したあとも、
公衆電話だけがもとの位置に残っています。
その風景が、なんとなく印象に残る場所、ちょうどバスも来ました。


同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
熊ヶ畑で締め
デイリーヤマザキ田川添田店2
彦山駅と日田彦山線代行バス
小石原
足白車庫宮小路馬見神社
西鉄大隈
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 熊ヶ畑で締め (2019-04-21 19:19)
 デイリーヤマザキ田川添田店2 (2019-04-20 19:19)
 彦山駅と日田彦山線代行バス (2019-04-19 19:19)
 小石原 (2019-04-18 19:19)
 足白車庫宮小路馬見神社 (2019-04-17 19:19)
 西鉄大隈 (2019-04-16 19:19)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)筑豊
この記事へのコメント
23番上三緒〜平経由の上山田行き(鴨生口第二から真っ直ぐ)の名残です。
昔は鴨生口第二→大倉→平→中籠を通っての路線があったからですよ。
Posted by 頑張るマン at 2011年03月31日 22:27
ありがとうございます。直進するの、ありましたね。
言われるまでまったく想起されませんでした。
私が持ってる飯塚の路線図、古いのばかりなんで、
「23」は鴨生口まで来てないんです。
Posted by ちょんびん at 2011年04月01日 18:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。