地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月27日

西部運動公園

西部運動公園
西に飯盛山を望む、畑の真ん中に、立派な高規格道路。


西部運動公園
周囲は昔々から人の暮らしがあった場所。
近くに室見川が流れていて、それなりに水面から高さがあり、
水利に恵まれていたのでしょう。
多くの集落跡が、付近から発見されています。


西部運動公園
でも今も、さほど多くの人が暮らしていない場所に、


西部運動公園西部運動公園
次郎丸から四箇田団地へ、羽根戸だけが通るバス停がありました。
「西部運動公園中央口」。


西部運動公園
今月末にて、廃止となります。
私が原に引っ越してきた30数年前から、
羽根戸は「2」の行き先として存在していましたので、
「1」のバス停として存続するのですが、系統廃止には一抹の寂しさを覚えます。

けれども、田村と羽根戸を繋ぐこの道路上、
西部運動公園バス停は、ずっと後からできたバス停ですし、
いまひとつ思い入れもなく、悲しみも薄いです。


西部運動公園西部運動公園
道が公園に沿って走っていたら、何か違ったでしょうか。
バス通りと運動公園の間には、大きな田畑が広がっています。


西部運動公園西部運動公園
そのため、さきほどの中央口と、「西部運動公園東口」と、
ふたつバス停がありますが、公園からは離れています。
ただ、民家もさほどあるわけではなく、ほかにランドマークもないので
運動公園を含むバス停名称が2つ続きます。


西部運動公園
本線との接続・分岐点である「田村三丁目」は廃止されませんが、


西部運動公園西部運動公園
羽根戸方面へは、本線と別にバス停が設けられていましたので、
こちらも消える運命です。


西部運動公園
もともと次郎丸~四箇田団地を直通する路線で運賃設定がされ、
迂回するようなバス路線があとから設定されたため、
田村三丁目から四箇田団地は、羽根戸経由でも160円。
初乗りでかなり長い時間と距離、バスを楽しめます。


西部運動公園
もつ鍋の万十屋は、そこそこ有名ですが、
ここまでバスで来る人も多くないでしょうしね。

羽根戸周辺は西区に所属しているので、
藤崎ではなく、野方や姪浜への接続が優先されて、
「1」が残るのもやむをえないのでしょう。


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
壱岐のバス(野方)
能古渡船場夕景
原
正月のバス
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 壱岐のバス(野方) (2019-07-02 07:07)
 能古渡船場夕景 (2019-06-28 07:07)
  (2019-04-27 07:07)
 野方チョコ (2019-02-14 23:58)
 正月のバス (2019-01-31 17:17)
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)福岡青
この記事へのコメント
藤崎や原で次郎丸経由を待っているとき、羽根戸経由が来ると少しラッキーな気持ちになりました。これからはそんな楽しみも無いのですね・・・寂しいです。
Posted by うきる at 2011年03月27日 17:52
「2」は単調になってしまいましたね。
藤崎の6番乗り場は、「8」が発着するようになる前は、
原までの私、どれでも乗れたんです。

昭和バスが来れば大当たりで、
西山や乙石も嬉しくて、羽根戸や南金武でもよくて、
四箇田団地と室住団地がハズレでした。
羽根戸が最後の砦だったんですが。
Posted by ちょんびん at 2011年03月27日 23:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。