地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年05月07日

今津福祉村施設前

今津福祉村施設前
昭和バス、今宿(九大学研都市)~西の浦間、いちばんの隘路区間。
だからといって、いい歳して民家の塀に登るのはやりすぎ。


今津福祉村施設前今津福祉村施設前
「福祉村施設前」は、


今津福祉村施設前今津福祉村施設前今津福祉村施設前
毘沙門山の麓、田園風景が広がる場所、


今津福祉村施設前今津福祉村施設前
元寇防塁も近くにある、海のそばに、


今津福祉村施設前
いくつかの福祉施設が集合しているところです。


今津福祉村施設前今津福祉村施設前今津福祉村施設前
隣の「今津」は、大きな街。


今津福祉村施設前今津福祉村施設前
ただ、住宅がたくさんあるために、道路拡張が難しかったのか、
今宿から大原・北崎への道は、今津運動公園の脇を通るバイパスができて、
集落の中を通る道は、旧来の雰囲気を残しています。
バイパスの周辺には人家がないので、バスは今も旧道を通ります。


今津福祉村施設前今津福祉村施設前
九大医学部の建物の一部という、不思議なものが放置されていたりします。


今津福祉村施設前今津福祉村施設前今津福祉村施設前
バスが通るには苦心する道幅ではありますが、
通過するだけの車はバイパスを通ればいいわけですし、
それほど通行量も多くないですから、
ぜひ現況が失われないまま、バスが走り続けて欲しいと感じる場所です。



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。