地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年05月30日

櫛原駅

櫛原駅櫛原駅
西鉄久留米の隣、「櫛原駅」。
人口密集地なんですが、西鉄の駅が小さいので、
なんとなく田舎のような印象があります。


櫛原駅櫛原駅
駅舎の前と、ホームの反対側、両方に踏切があるので、
道路を廃止しない限り、ホームが伸ばせません。
周辺の住宅数からすると、特急はともかく、
急行くらい停まってもよさそうな感じなんですが、
高架工事でも行われない限り無理でしょうか。


櫛原駅
現状は、道路と線路の距離がとても近いです。


櫛原駅
駅となりの自転車置き場には、
たくさんの利用者がいることを覗わせます。


櫛原駅
カドの居酒屋も、地名に因んで串はら。



同じカテゴリー(その他)の記事画像
大宝自動車本社車庫
大宝自動車八女
大宝自動車三川黒木駅
大宝自動車ほたるの館前
大宝自動車朧大橋
大宝自動車広川ダム
同じカテゴリー(その他)の記事
 大宝自動車本社車庫 (2020-08-11 07:07)
 大宝自動車八女 (2020-08-10 07:07)
 大宝自動車三川黒木駅 (2020-08-09 07:07)
 大宝自動車ほたるの館前 (2020-08-08 07:07)
 大宝自動車朧大橋 (2020-08-07 07:07)
 大宝自動車広川ダム (2020-08-06 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)その他
この記事へのコメント
「くしはら」「くしわら」
どっちが正しいのだろうか?
Posted by オリーブ蜜柑 at 2011年05月30日 14:34
周辺の住居表示は、くしはらですよね。
西鉄バスの「10」バス停も、ひがしくしはらですね。

ということは、くしわらを名乗っているのは駅だけなんで、
開設当初(大正時代)は地元でもくしわらと呼び習わしていたのが、
どこかの時期からくしはらに侵食されたのではないでしょうか。

堀川バスの羽犬塚~八女の蒲原バス停も、
地名や旧矢部線の駅はかまはらですが、
車内放送では「かまわら」と言ってます。
こういう混在は、わかればいいので、あまり厳密に区分されないようです。
Posted by ちょんびん at 2011年05月30日 16:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。