地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年07月18日

大橋

大橋
長崎の中心部?ここはもう北部になるんですかね?交通の要衝「大橋」。


大橋



大橋
南と長崎の中心地を貫く国道206号線と、


大橋
東、これから乗る江平方面のバス通り、


大橋大橋
西側、ここは路面電車が専用路盤の区間です。
路面電車とJRの踏切を渡ると、野球場があります。
訪問日はちょうど夏の甲子園大会予選が始まった日で、
周辺に制服の高校生がたくさん見られました。
男子高校生の黒い集団は、見るだけでも暑いですw


大橋大橋大橋
大橋は交差点の北側に架かる橋。
河原には親水公園が設けられています。


大橋大橋
東側の大橋バス停は、江平中学校経由の中央橋方面。
浦上天主堂から江平中学校までの複乗区間は、
斜面、道幅、住宅の密集具合、転回場、バス頻度と、
長崎市街のバス乗りの醍醐味を存分に味わえると思います。

とはいえ、普通に長崎の中心部に向かうには、遠回りになりますので、
近距離の特定区間移動以外には、乗る人も少なそうなバス停です。

ここで待っていたら、地元の人らしきおばちゃんが歩いてきて、
「ここのバス停はよく利用なさるの?」と聞いてきました。
正直に「初めてです」と答えたのですが、「そう」と肯いて、
可哀想な人を見るような一瞥を残して、国道側に去っていきました。
あとから考えると、中心部に行きたいのに、大通りのバス停を知らず、
間違えて遠回りのバス停で待っている奴に見られたのかもしれませんw

説明しても、すぐには理解してもらえませんからね、この趣味。



同じカテゴリー(長崎バス)の記事画像
大浦天主堂下
飯香の浦と宮の下
総合公園
新地中華街
稲佐山
思案橋
同じカテゴリー(長崎バス)の記事
 大浦天主堂下 (2020-07-04 07:07)
 飯香の浦と宮の下 (2019-09-20 07:07)
 総合公園 (2019-09-07 17:17)
 新地中華街 (2019-09-05 07:07)
 稲佐山 (2019-08-10 07:07)
 思案橋 (2019-08-09 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)長崎バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。