地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年08月21日

湯本温泉入口

湯本温泉入口湯本温泉入口
海のそば、青海島の通からバスに乗って、一気に山あいへ。


湯本温泉入口湯本温泉入口
「湯本温泉入口」ですが、バスの車内放送では、湯本温泉と言っています。


湯本温泉入口湯本温泉入口
本来の湯本温泉の中心地、湯本温泉バス停は、川向こう。
橋を渡った先には、大規模な旅館が数多く並んでいます。


湯本温泉入口湯本温泉入口
けれども、湯本温泉まで行くバスは、ほんのわずか。
旧道との分岐点近くに、専用のバス停があるのですが。


湯本温泉入口
温泉街の饅頭屋。


湯本温泉入口湯本温泉入口湯本温泉入口
その向かいにあるバス停が、下関と青海島を繋ぐ路線のもので、
こちらにはそれなりの本数があります。


湯本温泉入口湯本温泉入口湯本温泉入口湯本温泉入口
大人数を収容できる宿と、そこで働く人の寮、温泉劇場に秘宝館。
私の考える、ふた時代前の、団体旅行全盛期の歓楽街の様相です。

でも私が乗ったバスからは、宿泊客らしき家族連れが数組降りました。
見た目よりは、うまく現在の流行にシフトしているのでしょうね。


湯本温泉入口湯本温泉入口
てなこと考えてたら、バスは俵山温泉で折り返して、
また長門市内から青海島へ向けて戻ってきました。
長門市街地と温泉を結ぶ道は、国道が高規格で整備されていますが、
バスは集落の間を縫って、旧道を忠実に走ります。

次のバスまでまだ時間があるので、



同じカテゴリー(サンデン交通)の記事画像
小月駅戻り
宇部中央
小野田駅
小月駅
中宇部
長府駅前
同じカテゴリー(サンデン交通)の記事
 小月駅戻り (2019-12-05 17:17)
 宇部中央 (2019-12-04 17:17)
 小野田駅 (2019-12-03 17:17)
 小月駅 (2019-11-22 07:07)
 中宇部 (2019-10-23 17:17)
 長府駅前 (2019-10-22 17:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。