地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2012年07月16日

阿蘇ファンタジーの森

阿蘇ファンタジーの森阿蘇ファンタジーの森阿蘇ファンタジーの森
さて、キャンプのシーズンでございます。
阿蘇は大雨で凄いことになってますので、応援の気持ちを込めて、
バス停でもない「阿蘇ファンタージーの森」を紹介。


阿蘇ファンタジーの森阿蘇ファンタジーの森
オートキャンプ場としては特異な、立派なプール。


阿蘇ファンタジーの森阿蘇ファンタジーの森阿蘇ファンタジーの森
簡単に釣れるので、小さな子どもにおすすめの、釣り堀。
釣ったら買い取って、自分で焼いて食べます。1匹300円だったと思います。


阿蘇ファンタジーの森阿蘇ファンタジーの森阿蘇ファンタジーの森阿蘇ファンタジーの森
炊事場


阿蘇ファンタジーの森
トイレ。


阿蘇ファンタジーの森
露天風呂は、なかなかのもの。


阿蘇ファンタジーの森阿蘇ファンタジーの森
テントスペースは、ただ整地されただけ、という感じなので、
てきとうに譲り合いながら、陣地を確保します。
地面が固くて、ペグ打つのがけっこう大変。


阿蘇ファンタジーの森
うちは、テントも借りました。


阿蘇ファンタジーの森
ロッジもあります。

場内放送の好きな管理人のおっさんがいて、何かとスピーカーで喋ってますので、
人によっては気になるのかもしれません。私はそういう緩い雰囲気も含めて好みです。

何が、「ファンタジーの森」なのか判らなかったので、
その管理人のおっさんを「ファンタ爺」と名付けて、勝手に仲間うちで盛り上がったのですが、
夕暮れ時に、そのおっさんがファンタグレープ飲んでたので、笑えました。
ちっとも、キャンプの思い出じゃないしw

この写真は2011年のなんで、今年どうなっているのかは、個別にご確認ください。



同じカテゴリー(その他)の記事画像
イムズはおわるイズムはつづく
長田鉱泉場
児島駅の朝
王子ヶ岳登山口
鞆車庫前
下津井
同じカテゴリー(その他)の記事
 イムズはおわるイズムはつづく (2021-09-07 17:17)
 長田鉱泉場 (2021-08-19 07:07)
 児島駅の朝 (2021-08-18 07:07)
 王子ヶ岳登山口 (2021-07-08 07:07)
 鞆車庫前 (2021-07-07 07:07)
 下津井 (2021-06-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)その他
この記事へのコメント
「ファンタ爺」! 不覚にもパソコンの前で声出して笑ってしまった
Posted by なかの at 2012年07月18日 07:16
初めてここに来て、普通のキャンプ場だったので、
何が「ファンタジー」なんだろうね、って言ってたんですよ。

そしたら、場内放送が頻繁に行われて、
口調がなんとも独特で、ゆるい雰囲気を醸していたので、
「あのおっさんが『ファンタ爺』に違いない」って、
他愛もない駄洒落で盛り上がったんです。旅先ですからw

その時には、ファンタとおっさんには何の関連もなかったのに、
夕暮れ、本当にそのおっさんがファンタ飲んでたので、
一緒に行った友人と顔を見合わせました。
Posted by ちょんびん at 2012年07月18日 08:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。