地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2013年11月14日

2年前の私へ

2年前の私へ2年前の私へ
青くない、リエッセでもない、かわせみ


2年前の私へ
美野島三丁目


2年前の私へ
美野島二丁目


2年前の私へ
もらいすぎ


2年前の私へ
小笹


2年前の私へ2年前の私へ
西福岡中学校東口、これは改称直後に撮りにいったものと思われます。


2年前の私へ2年前の私へ2年前の私へ
六本松教養部跡。私が通ったのは、もう20数年も前の話か(苦笑)。


2年前の私へ
弥生二丁目にて、ラッピングのバスに反応。


2年前の私へ
ながたにぐち、で変換しようとしたら、長渓口が先に出る、
日田バスに侵蝕されている我がPCの変換プログラム。


2年前の私へ2年前の私へ
これは、吉田鉱山が廃止になるときに撮ったものぽい。中吉田。


2年前の私へ
西部。このバス停も、今はありませんね。


2年前の私へ
何が伝えたかったのか、まったくさっぱり。


2年前の私へ
和白


2年前の私へ
福浜


2年前の私へ
伊崎


2年前の私へ 
外環室見橋


2年前の私へ 
生の松原団地南


2年前の私へ
古賀。130番台も、無くなりましたね。


2年前の私へ
中央市民プール前。

2年前、これらをひとつのフォルダにまとめた私、
いったいどう記事化する予定だったのやら、まったく覚えがありません。

タグ :西鉄バス

同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 ちょんびん行程表独立のお知らせ (2020-09-02 19:55)
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。