地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2011年09月26日

内牧

内牧
9月末で廃止になる、内牧~赤水の路線。
2系統ありまして、こちらは殿村経由。


内牧
同じく殿村経由の帰り便。内牧行き。


内牧
こちらがもう1系統、車帰り経由。
路線としては、こちらのほうがアクセントが多いと感じました。


内牧内牧内牧
「内牧」。


内牧内牧
コアラ前。


内牧
この商業施設が健在の頃から、
バスはこういう乗り入れ方をしてました。
そのとき初めて見た私は、
買い物客の車とバスが混沌としているように見えましたが、
もともと内牧温泉のバスターミナルだったものが、
規模縮小でショッピングセンターに侵食されたのでした。


内牧
旧町役場のほうからは、クランクがあって、


内牧
何かガイドブックにでも載ったんでしょうね、
行列の出来ている飲食店の前を通り抜けて、


内牧
そのまま直進。


内牧
別の飲食店の裏を通り抜けて、バス停に到着します。


内牧
時間帯によっては、いっぱいバスが見られることも。


内牧内牧
内牧温泉と阿蘇山上を直接繋ぐ、1往復だけのバス。



内牧
内牧
内牧・阿蘇・宮地を循環するバス。
阿蘇観光で1時間空いたら、ぜひ乗ってみてもらいたいバスです。
田園風景の中、周りに外輪山が見える区間あり、
阿蘇神社や役犬原の湧水あり、車窓だけで充分に楽しめます。


内牧
内牧駅から、ここ内牧に寄って、阿蘇駅まで行くバス。
といっても、最初から最後まで乗りとおす人はいないでしょうが。


内牧
内牧駅に戻るバス。
ここでは出会いませんでしたが、杖立方面のバスも健在です。


内牧
内牧駅方面に、


内牧
こうやって同方向に、2本のバスが出発することも、
赤水駅への系統がなくなったら、もう見られなくなります。
杖立と宮地へのバスも、同時刻出発があるのですが、そちらは別記事で。

これから赤水駅までのバス停を、ひとつづつ辿っていきます。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。