地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年11月16日

藤島酒店前

藤島酒店前
広川町役場と広川インターを結ぶ路線、中広川線。その途中バス停「浄徳寺」。
バスの中から撮影したので、バス停の写真しかありません。

広川役場とインターの2点間を移動するだけなら、
西鉄の八女~久留米線を、川瀬から池田まで1バス停移動するだけですので、
中広川線は、あくまで途中バス停の移動需要が大事な路線です。

ただ、西鉄バスの初乗りは160円ですが、
堀川バスの広川町内は、回数券利用で150円均一ですので、
時間はかかっても安い方が、歩かない方がいい、という需要にとっては、
中広川線を利用する価値を見出す人もいるかもしれません。
そうなっても、1日3往復しかないのはネックになるでしょうけど。


藤島酒店前藤島酒店前藤島酒店前
広川町の南端部分を、東西に向けて走る区間、「藤島酒店前」。
沿道には、葡萄棚があったり、トマト栽培のハウスがあったり。
道幅もあまり広くなく、思いがけずバスが通ることになってしまった、という雰囲気。


藤島酒店前藤島酒店前
それでもこの中広川線は、時間設定が厳しいらしく、
なかなかのスピードでバスが疾走します。
周辺の家は、けっこう新しいものが多いようで、
久留米あたりへの通勤圏内として拓けてきてるのかな、と感じました。
ただ、通勤に使えるような設定ではないのです。


同じカテゴリー(堀川バス)の記事画像
高速八女インターチェンジ
船小屋と羽犬塚
三川の回送
堀川八女上陽飯塚 お茶どころ
黒木大藤前
平橋
同じカテゴリー(堀川バス)の記事
 高速八女インターチェンジ (2019-06-26 07:07)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 三川の回送 (2017-06-15 06:06)
 堀川八女上陽飯塚 お茶どころ (2017-04-19 16:16)
 黒木大藤前 (2016-05-26 17:17)
 平橋 (2016-05-12 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)堀川バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。