地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年04月01日

レーヨン前

レーヨン前
宮崎交通、延岡駅からバスで15分ほどの、


レーヨン前
「レーヨン前」。


レーヨン前
延岡市より南からの路線、日向ロックタウンなどから来るものは、
延岡の市街地とに直行接続できるよう、駅の先のここが終点となっています。


レーヨン前
終点となったバスは、
後ろのトップバリュ駐車場を間借りして、転回する姿が見られます。


レーヨン前レーヨン前
折り返したバスが、また日向市方面に向かって走っていきます。


レーヨン前レーヨン前
レーヨン前の由来は、隣にある旭化成のレーヨン工場から。

レーヨンは、絹に似た性質を持つ再生繊維のため、
人造絹糸を略して、人絹(じんけん)と呼ばれていたこともあります。
日本の科学技術の結晶であり、それまで再生繊維では不可能とされていた、
0.5ミクロン以下の細さを最初に達成したため、
0.4という数字にちなんで、レーヨンと呼ばれていたものが、
現在は世界で流通する共通語となりました。


レーヨン前レーヨン前
延岡駅側には、今はすでに列車が走ることもない、鉄道の高架橋。
2002年の水害によって壊滅的な被害を受け、
そのまま廃止となった、高千穂鉄道のものです。

もともと、延岡という地名が、
川に挟まれた細長い丘の地形から来ていますので、
雨が降ったときに水の流れが集中するのは、やむえないところです。

現在は祝子川の付け替えによって、ここが川だったとはわかりませんが、
国鉄時代は高千穂線は、延岡を出ると、まず祝子川に沿って走り、
小山をトンネルで抜けたあと、五ヶ瀬川を遡るというルートでした。


レーヨン前レーヨン前
隣のバス停は、「中川原町一丁目」。
地名だけが、ここに川が流れていた名残を留めています。

くれぐれもお断りしておきますが、
この記事は、いつにもまして信用されないようにお願いいたします。
投稿期日をご確認いただいたのち、苦笑していただければ幸いです。


同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
謎のまま180613
コザル小学校卒業
営業所めぐりバスあるきの惨憺
バス路線カフェのご案内【10名限定!第6回バス路線探検家の会】
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 LED行先表示を眺めて (2019-05-02 07:07)
 空ちょん西鉄バス福岡鬼ごっこ (2018-12-09 23:58)
 空ちょん西鉄鬼ごっこ開催概要 (2018-12-06 23:13)
 バスオフ「チーム1028」開催 (2018-10-28 23:59)
 にしてつ電車まつり2018バスクイズ大会蛇足 (2018-10-15 21:29)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。