地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2012年08月02日

新旧昭和橋

新旧昭和橋新旧昭和橋
趣のあった昭和橋は、橋台だけになりました。


新旧昭和橋新旧昭和橋
橋の位置も動いたので、道路も付け替っています。


新旧昭和橋
杷木から浮羽方面に進んで、


新旧昭和橋
杷木の商店街と交差する、


新旧昭和橋
先に橋がありますが、バス停は杷木側に寄りました。


新旧昭和橋
「昭和橋」。
移動したものの、新調されてはいません。鉄板。、


新旧昭和橋新旧昭和橋
大雨災害の影響で、逆にこの区間は本数が大幅に増えています。
バスと一緒の風景撮影を狙うなら今です。



同じカテゴリー(二日市)の記事画像
雪の甘木川
太宰府高校直行
愛宕浜5720ぐりーん 秋月
愛宕浜5720ぐりーん 西鉄二日市
西鉄二日市駅
原5138チョロQ
同じカテゴリー(二日市)の記事
 雪の甘木川 (2021-08-05 07:07)
 太宰府高校直行 (2021-07-30 07:07)
 愛宕浜5720ぐりーん 秋月 (2021-05-27 07:07)
 愛宕浜5720ぐりーん 西鉄二日市 (2021-05-22 07:07)
 西鉄二日市駅 (2021-02-22 07:07)
 原5138チョロQ (2020-07-03 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)二日市
この記事へのコメント
うわ~ ついに橋台だけになりましたか。まさか杷木~浮羽がこんなに増便される日が来るとは夢にも思いませんでしたが、よく考えたら撮る風景が見当たりませんねw
Posted by ハンズマン at 2012年08月02日 21:50
福岡エリアと久留米エリアを繋いでいる唯一の糸、1日わずか数便、
という沿革には、他に代えがたい魅力があるわけですが、
車窓としては長閑な風景が続いて、インパクトには欠けますね。
その中で昭和橋が最大のハイライトだったのに、こんなことになってますし。

狙うならここより、夜明~杷木迂回の日田バスですよ。
大石駅前か、久大線との並行区間、もしくは踏切付近を勧めます。
そういいつつ、近日中に筑後川温泉と古川は載せます。
大石と松本はすでに載せたので、これで全バス停制覇です。
Posted by ちょんびん at 2012年08月02日 23:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。