地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2013年05月27日

阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)

阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
鷹島のバス停紹介を終えまして、最後に船をすこし。
阿翁から船唐津を経て御厨までの間に、青島と黒島も通ります。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
接岸したここからでも飛び乗れそうですが、危険なのでやめましょう。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
手前の掘立小屋が、切符売り場兼待合所。
でもお金だけ払って、切符らしきものはくれませんでしたけど(笑)。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
さて乗船。
橋がつながって車はそちらに流れたのか、それとももともとこんなもんなのか、
車も人も数えるほどしかいません。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
さて、出発。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
阿翁浦がすこしずつ小さくなっていきます。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
自然エネルギーの活用のための風車でしょうが、
電気をつかってもいいので、中国から流れてくるらしい有害物質を、
全部送り返してもらうわけにはいきませんかね(笑)。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
養殖場のすぐそばを通って、


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
黒島。なんもない港に降り立つ親子が1組。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
そして、すぐ出発。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
船唐津が見えてきました。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
狭いとこ通って、うまく接岸するもんです。


阿翁〜黒島〜船唐津(鷹島汽船)
先に午前中に車で訪問していたのですが、
船から降りてはじめて、これが待合室なのだと気づきました。
時刻表も運賃表もなんにもないし、一見さんを乗せる気がまったくないですねw


同じカテゴリー(その他)の記事画像
イムズはおわるイズムはつづく
長田鉱泉場
児島駅の朝
王子ヶ岳登山口
鞆車庫前
下津井
同じカテゴリー(その他)の記事
 イムズはおわるイズムはつづく (2021-09-07 17:17)
 長田鉱泉場 (2021-08-19 07:07)
 児島駅の朝 (2021-08-18 07:07)
 王子ヶ岳登山口 (2021-07-08 07:07)
 鞆車庫前 (2021-07-07 07:07)
 下津井 (2021-06-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。