地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年08月01日

大宝自動車西鉄久留米東口


だいたい毎月月初には生まれ変わろうと決意しておりますが、
何も変わらないまま今月には48になります。



年男のネズミ歳でありますが、なんか中途半端なので数え年を採用し、
「あと半年で50」と標榜しております。嘘ではないです。



大宝自動車さんのボンネットバスオフにお呼びいただいたのは、2019年の年末。



まず今月はこれから載せてまいります。



キューブのようにカドのあるフォルムが好きなつもりでしたが、この曲線はとても好みです。



ということで出発します。


  


Posted by ちょんびん at 10:10Comments(2)その他

2020年07月31日

高速安心院


廃止となる亀川と安心院の間を追いかけて、



高速道路のインターチェンジを通過する大分交通。



そして奥にバス乗降のロータリー。



大分県の山中ですが、見慣れた色と形の鉄板。



高速安心院、カテゴリーをどこにしようか迷いました。



高速別府湾と行橋今川。



両方向に乗れるバス停で、小倉駅前までずっと1,500円。



高速道路通行止めの場合、迂回運行で安心院に寄るのは遠回りが大きいので停車しません。



西鉄車両。



この日は誰も乗らず、降りず。



高速道路へ戻ります。

上り下りで時刻近接がないので問題なさそうですが、
小倉に行きたくて別府に向かいだしたら悲劇ですのう。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)北九州大分交通

2020年07月30日

谷の河内


玖珠町のバスになって鉄板が掲げられたバス。

日田バス時代の放置
谷の河内、通学便とふれあい福祉便。1往復ですので、時刻が規定されるわけですが、
規則正しい生き方、ってどうなんでしょうね。当方は天邪鬼だからハナから駄目だとして。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)日田バス

2020年07月29日

内田橋


道路工事にくまモンがいる熊本。



ある意味狭隘路。



すれ違い。



バス停は川沿いに。



月田経由が3往復ほど。



植木と南関の県道から分岐したところ。名称由来の橋は県道上に。



そして川沿いへ。



狭くなります。



県道3号線は、植木で国道3号と合流。



内田橋。



鬱蒼としたところも走ります。
  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2020年07月28日

肥猪入口


青空と肥猪入口。



2019年9月で廃止となった、江田から南関への途中。



こんなに本数あったんですけどね。



そしてからあげ。



反対を向くとバス停。



こういう距離。



ふくろはあるのに、なぜ中身は撮ってないのか。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス