地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年03月31日

夫婦岩 亀の井バス柚の木近く ユーバスのみのバス停


北大津留から小野屋方面に走る、由布市ユーバスの通学路線。
元の狭い道を撮れるのは、この日が最後だったのかもしれません。
夕方に亀の井バスで戻ってきた時には、すでに向かって右側の工事部分が舗装されて、
バスは新しい側の道を走りました。



朝の時点では、そんなこと想像もできていませんので、この道幅を惜しみつつ、



横のバス停を撮っていました。



夫婦岩でした。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)大分バス

2017年03月30日

平原は亀の井バス ユーバスは平原入口


道路工事中の坂道を登る大分バスの回送。



交差点の朝。
夕方に亀の井のバスで戻ったら、すでに先の区間で道が拡がっていました。
狭隘こそが萌え、という方は、今すぐにでも行った方がいいです、別府市と由布市の境界付近。



平原、亀の井バス。



時刻表紛失。



数日おきにしか走らない乗合タクシーの時刻表は存在。



由布市のユーバスは、平原入口。経由地が違って、丘の上の集落も経由するからでしょう。



時刻表は、掲載する設備も無し。
これは公共交通なのではなく、特定輸送なのですよ(苦笑)。



雪が残る谷間の棚田。



北大津留側は工事完了している区間もあります。



そして突然の終了。



予算をつけて、区間を区切って拡幅って行われますので、
境界部分に大きなコントラストが現れます。
個人的には、手前の道幅のところにバスが走ってくれる方が幸せになれますが、
生活として車を走らせるのであれば、整備されているに越したことはないのです。わかります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)大分バス

2017年03月29日

北大津留 由布市ユーバスの発着点


柚の木で亀の井バスの出発を眺めまして、近くに停めた車に戻っていたら、
途中で大分バスの回送が横を走り抜けていくんですよ。
なんじゃー!!!と状況把握できぬまま、とりあえず追いかけまして、2台の並びを後ろから。



意外なところでバックして待機。



前日晩から、三度くらいこの前通過しているのですが、まさかの転回場。
白く染まっているのは、3月の雪。



バスが居なくなれば、転回場だとはとてもとても想像できません。まだ修業が足りないので。



確かにすぐそばにバス停はあって、



亀の井バスの他に、由布市のユーバスのバス停も立っているのは気づいていたんですが、
とりあえず亀の井バスの撮影がメインだと思っていましたので、時刻表も確認せず。
だいたい、大分バスの車両が来ることも知りませんでしたからね、
ハイエース辺りが走るものだという先入観が逃す幸せ。

前掲の棚田が背景になる地点も、バスを絡めたら面白いだろうと思ってたんですよ。
結果的に、柚の木の素敵な景色が撮れたので満足なのですが、
次に訪問することがあれば、朝はここでバスを待たねばならないでしょう。



北大津留。



「不寄り」の表現は、当方も使わせていただいております。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)大分バス

2016年03月25日

南部小学校前


出張で大分竹田の、道の駅すごう近くまで行ってきました。
上司と一緒なので、あまり無体なことはできないのですが、
ふだんバス停のない場所に臨時乗降所を見つけたので、ちょいと寄り道。

関係ない話、ちょっと東のエブリワンが、ファミマになっていました。



さすがに何もない場所で、車を停めるほどの気合はありませんが、
写真左に写っているジョイフルで昼食だったので、
バス停だけ撮影する時間が取れました。
ふだんはひとつ南の通りを走っている「南部小学校前」。
道路工事か何かの影響でしょうね。

行きは玖珠インターから宝泉寺瀬の本経由
帰りは産山山鹿から下り戸市原上町室原経由で下筌ダムにも寄り、
業務に支障のない程度に、趣味を満喫しましたw

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2015年05月12日

何度でも大手前


葛港行き。



床木久保行き。



小浦経由宮の浦。米水津方面がこれ1系統になってしまったのが残念です。



梶寄行き。



消費税8%に対応。



隠されている部分も多少。



さざんか号という愛称は、まだ生きてるんですかね。
トイレ付デラックスバスと書いてありますが、貸切転用の車両以外に、
ノンステもけっこう入ってるようです。今回の訪問では、行きも帰りもノンステ。



各行先ごとに、今も乗り場を分ける必要があるのでしょうか。



改札が行われていた名残と思われる、この窪み。



先ほどのは、道路側から入ればいいとして、これはどうするんですかね。
上から乗り越えて中に入りますか(笑)。以上、「大手前」でした。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(2)大分バス