地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年02月25日

竹下竹下駅


踏切を渡るバスを確保して、



北上して駅へ。



上に新幹線。



「竹下」、さく病院前。「竹下駅前」でないのは、バス路線としての矜持でしょうか。
その想いを勝手に妄想して、本日の題名は竹下を重ねております。



JR竹下駅は、新幹線の高架下。博多南までの新幹線部分は地面まで西日本の領地(笑)なので、
JR九州の竹下駅がある場所も、おそらく所有権は西日本。



自転車置き場もそうでしょうかね。



これは、何の窓口の跡ですか。



取扱時間は8時から20時まで。



駅前に、にしてつストア、そして井尻方面のバス停。



並木の美しいバス通りです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(2)

2017年02月08日

JR博多南駅


きっぷうりば。



改札。



JR博多南駅



この階段を登るのが面倒な場合は、バス停側に回り込みましょう。



バス停と道路、上から眺められるのは気持ちがいいので、歩道橋にはすぐ登ります。



チャレンジ!人口5万人!!ですが、狙ったかのように50004人でした。
那珂川町内の5人家族はみんな思っています。
「私たちがいたから、那珂川町の人口は5万人超えてたのよね!」と。



博多まで300円で新幹線に乗れます。



レールスター。もうすこし下がって撮ればよいのですが、



ホームの端がギリギリなので、ヒキの画が撮れません。これが限界。



線路たくさん。小学生レベルの感慨。
少年の心を失わないことが、マニア活動を長く継続する秘訣なのです。



もっともらしく並んでいる風に。



入線。



後方の車両が比較的空いています。そりゃそうですよね。
入口がひとつしかなくて、先頭車両のところにあるんですから、席があれば前から埋まります。



とはいえ、いちばん混むのは通勤時間帯なのか、平日の昼過ぎ、先頭車両も乗客はまばら。



運賃200円、特急料金100円。ちゃんと2枚もらえます。



博多駅に到着。エヴァ。



キスマイ長崎。



中央軒の焼売と、かしわめしと、うどんをこよなく愛しております。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 15:14Comments(2)

2017年01月21日

滝水駅


バリアフリーの駅。駅舎に入らなくても、地平とホームが地続き。



滝水駅。建物は商工会。むしろ駅舎に入らないこと推奨。



お向かいの風景。



阿蘇市。



4.5往復。



一部の普通列車につきましては、特急列車の車両を使って運行いたしますのでご注意下さい。



肥後大津と阿蘇の間が震災のため不通。



代替バス輸送は、朝夕メイン。



下 上
り  り



うっすらの雪景色。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)

2017年01月04日

熊本出張熊本駅


つばめで熊本出張。



博多から、あっさり到着。



熊本感その1、くまモン。



熊本感その2、尚絅大学。何度見ても憶えられない読み方。



土産物も、くまモン尽くし。



熊本感その3、産交バス。



いまひとつ熊本との紐付けができていない、あそくろえもん。阿蘇駅の名誉駅長です。



熊本駅は、くまモン駅



会議が終わって、懇親会までの待ち時間に、ちょっとバス撮影。



熊本22ナンバー健在。



懇親会終えて、新幹線の時間まで、熊本駅で。阿蘇の伏流水を使用、三菱サイダー

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)

2017年01月03日

熊本出張博多駅


2016年11月、熊本へ出張。バスの人ですが、新幹線で。
つばめ限定で早割使うと、安くて速いので。



つばめ。



側面。



中央軒の焼売。



駅で早速。



止まるやつw



お掃除中。



16両編成を待っているときの孤独感。



ということで、熊本まで各駅停車で。



いいのか?と心配になる乗車率でした。熊本までで延べ5人くらい。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:00Comments(0)