地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年07月24日

2日目の岡山駅


山陰から帰ってきて、岡山で解散、夜行のペガサス号までのちょっと時間あり。



特に知識も目的もなく、そこにあるバスの撮影。
誰かが新しい価値や意味を与えてくれることを期待しつつ。

新機軸を創造できない連中に限って批判は得意なので、
そういう方のアドバイスのつもりの発言は常に大きなお世話です。



すみません回送中です。このバスも、私の人生も(笑)。



岡電バスの比率が高いのは、岡山駅画の存在確率の問題じゃないかと思います。
もしくは私の立ち位置か。それもあまり客観視していません。次いつここに立てるのかも。



この運行管理は、運転士として判りやすいのではないかと思います。
逆に遅れが顕著な場合は威圧的に感じますかね。



車体はそこそこ旧そうに見えますが、中の設備は新しいのです。



さて、引かれる後ろ髪も生えていませんので、福岡に帰りましょう。
たとえ誰も待っていないとしても、どこかにホームフィールドを持たねばならんのです。
少なくとも心の中では。



そのまま関東に行ってしまっても誰も困りませんが、
たぶんいちばん困るのは自分自身なのですよ。次の日の約束を大事にするってそういうことです。



なので、おとなしく西鉄に身を委ねます。個人的には両備よりずっと快適でした。
身内びいきの感情が入ってるのかなぁ。純粋にシートリクライニングが違うと感じたんですけどね。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(2)

2017年07月22日

宇野駅


モダンに宇野駅。人生で最初にホバークラフトを見たのはここでした。



いまは四国への乗り換え拠点でもなく、静かに、



1時間に1本ほど、岡山まで各停が走るだけです。



岡山駅まではバスもそれなりにありまして、まあこんなもんか、とも思います。



宇野港への道は、今となっては過剰インフラのようにも見えますが、
そんな世知辛いことは言いっこなしです。じゃあ最初から過剰なんて書くな。



今もフェリーは高松まで走っていますが、もうメインでもないです。どちらかというと離島への拠点。



夕暮れのフェリー乗り場。車の数も少なくて、どこか寂しい雰囲気。



産業振興ビル。



SETOの夕暮れ。



なんか、帆船居ました。



あとは、バス停の時刻表。渋川方面。



律儀に土日祝も。



岡山のメインじゃない方、上山坂経由。昼に大きく抜けます。



土日祝はさらに少なく。



記念に宇野駅入場券。



まあいろいろと、フラフラしつつ撮影しております。鉾立行きの名残も。



国道経由と特急の岡山駅方面。
このあと日赤のそばで、「←大元駅」のような看板を見つけて、
時間もあるしちょっと鉄道も、と思って降りたらめっちゃ遠くて痛い目に遭いました。
でも地図も持たずに適当なところで乗降するのが醍醐味とも言えまして、塩梅が難しいです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)

2017年07月16日

筑後大石駅


ふれあいの場、大石。すでにここは厳密には駅舎ではないのかもしれませんが、



ただ待合スペースがあるだけで、切符が売られるわけでもなく、駅員は当然のように居らず。



日田まで列車で行けるようになるまで、どのくらいかかるでしょうか。



JRの機関紙プリーズ。巨峰の箱に入っているのが、いかにもこの地域な感じ。
まあ柿の箱に入ってても同じことを思いますけどね。果物どころなんですよね。



線路災害のお知らせと、



代行バスの時刻表。



線路って、列車が通らなくなると、すぐ錆びるんですよね。寂しさが漂います、ダジャレではなく。



筑後大石、うきは市。



なんか見たことないのもいました。



山の中腹にも不思議な雲が。まだ不穏な空気感がありました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)

2017年07月15日

境港駅前


鬼太郎のふるさと、というか作者の水木しげるんさんの故郷。



境港。



駅。



境港駅。



境港線には、各駅に愛称がついています。メインの境港がやはり鬼太郎。



ポストも。



土日祝は1時間1本のほぼ均等ダイヤ。



米子まで320円。18キロの間に15駅。



バス。



バス停がたくさん、無節操な雰囲気で。



一畑バス。



松江境港直行バス。



けっこう本数あります。当方も松江城から中海ベタ踏み坂を経由してここに来てますが、
松江と境港は島根と鳥取で県が違うわりに近く、観光客の相互移動も盛んなのでしょう。



一般路線バス。



米子駅と境港駅の間。



日ノ丸バス。



あと、八束町のコミュニティバスも走ってます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)

2017年07月13日

松江しんじ湖温泉


松江城から徒歩で駅まで、コロッケ食べながら。



松江しんじ湖温泉駅、一畑電車。



松江=出雲縁結び空港連絡バス。



1時間に1本の電車なので、



タイミング合わず。



路線図と運賃。JRと競合する出雲市までは690円、10キロ手前の競合しない平田までは670円。
こういうのを潔さといいます。



駅は新しい設え。それ以上の感想は無し。



足湯。



バス。



バス。



バス。



どこへ行くかもわかりませんが、



まあ撮っておきましょう、というレベル。



松江城まで戻るのに、ちょっとだけ一畑バス課金。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)