地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年10月15日

浜田山小学校


はかた号新宿着いて、泉岳寺のガードとか築地市場とか見てから、
新宿に戻って同窓会やってそのまま完徹オールで朝を迎えて国立競技場。



それでもラーメンは喰えるわけですしかも肉大盛をホープ軒。



そして解散になってひとりになったらもう何もかもが壊れつつ特に精神。
しかも荷物を預けると戻ってこないかもしれないなあと思ったので小さなスーツケースを持ちあるき。
このあと新宿西口に戻って浜勝でとんかつ食べるとわかってればコインロッカーに入れたのに。



でもすぎ丸は複数の方におすすめいただいたし循環ルートがあるのでせっかくなら完乗したくて
浜田山の駅から阿佐ヶ谷まで行くと乗り残すところを補完するため歩いたりして無駄に疲労増幅。
まあ朝早く浜田山に着きすぎて始発まで時間があったっていう事情もあるのです。



ということで浜田山小学校。



浜田山まで行ってそのまま回るので一気に乗せてくれればよいのですけど浜田山駅で降ろされました。



浜田山駅方面もさほど広い道でもないです。



ポンチョー。



狭隘だと聞いていましたので期待も高まり、先にはよい雰囲気の道も見えたのですが、
睡眠不足体力不足には勝てず、浜田山駅で乗って目が覚めたら阿佐ヶ谷でした。
すみません何一つ憶えていません。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 22:30Comments(0)その他

2017年09月19日

築地中央市場


東京に行くのにどこへ行けばいいのかわからないので、愉会さんのおすすめからピックアップ。



もともとわたくしも魚加工に携わっておりまして、
福岡の市場には頻繁に出入りしていたので、規模が違うだけで雰囲気は似たようなもの。



西鉄もぜひ構内に乗り入れましょう、って何も需要が見込めませんが。



颯爽と走り抜ける感じで。



魚市場。



築地市場正門。



都バス専用の待機場、そして出発地。



新橋駅前行き、ここは築地中央市場バス停。



時刻表を気にせずに来ても乗れる水準。



日曜・祝祭日の運行はございません。



朝、市場構内に入ってこない系統もあるようで、その案内。



たくさんのハッポー。



走るリフトの背景は超高層ビル。
今回バスに乗って初めて、新橋駅からの近さを実感しました。築地って一等地なんですね、いまさら。



まあでも、だからってビル群になったり道路になったりするのが有効活用かっていうと、
むしろ水稲を耕作したり牛を飼育したりするほうがよかったりして。
吉幾三の戯言ではなく、ちゃんと意図的に実践しておられる方もおられますし。



降車専用バス停が、最初に載せたやつです。



反対側から、都バスのおしり。



あくまで目印としてのバス停。



降車専用の特殊仕様バス停。



そして乗り場案内の年代物。いろいろ見る物があります。
築地市場がすぐ移転する話ではなくなったようなので、まだ当分このバス楽しめそうですね。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:03Comments(0)その他

2017年09月15日

泉岳寺のガード下


正式名称を知らないので、とりあえず泉岳寺駅の近くってことで許してください。
おそらく東京では有名なんだろう、という前提で話を進めます。



品川と田町の間に、妙に低い高架というかガード下がありまして、



新駅の工事か何かで、ここの高架も閉鎖される予定と聞きまして来ております。
同じような目的なのか、写真撮ってる人がいました。



電車が頻繁に上を通ります。



1.5m制限です。わたし1.86mなので、まあ屈んで進む覚悟で参ります。



うん、低いね。でも向こうからもたくさんの人がやってきますので、
私だけが進めないというものでもありますまい。



就活姿のおねえさんたちで、ちょうどよいくらいなので、1.5mは大袈裟やんねー。



と、舐めておりまして、



進んだ先でもう1段低くなる、という可能性を考えておりませんでした。
いやタクシーは業者さんごとに車外灯の大きさ違いますので、割れるのもありそうですよ。



出てから振り返っても、いやギリギリです。そして道が曲がってるのがまた苛酷感を増します。
こういうのは、とりあえずゼロかイチかなので、もうこれでよいと思います。
童貞かそうでないかが大事なのであって、AV男優にもホストにもビッグダディにもなりたくないです(謎)。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(2)その他

2017年09月14日

泉岳寺前泉岳寺駅


バス降りて撮影。



泉岳寺前。



都営地下鉄の泉岳寺駅。京急との境界駅ということで意識はしていますが、
降りたこともなければ、泉岳寺に参ったこともありません。



東京23区はめっちゃ都会だと思っていますが、
始終発の時間は福岡とそう変わらんやん、って言ってもいいですかね。
福岡が都市規模のわりに恵まれているのかもしれないですけど。



むしろ隣の駐車料金の方が、ああここはぼくが暮らしている街じゃないぞ、と感じるに十分です。
天神界隈を訪問するときでも、だいたい50分か60分100円のところに停めています。



今回の目的地も、寺でも駅でもなく、



これ。ということで詳細は明日別記事にて。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)その他

2017年09月13日

品川駅高輪口


新宿駅西口から「品97」で小一時間かけて、品川駅高輪口へ。
このバスのりばは、何度か意識したことはありますが、
前回乗ったバスはどこ行きだったか覚えてはいません。



起終点近くで行きと帰りの経路が違い、完乗を考えるとなかなか大変な運用ですが、
どうせ東京の路線が完乗できるはずなどないというスタンスなので気が楽です。
1回乗車ごとに210円の均一運賃なので、一日乗車券を持っているにも関わらず、
長く乗った方が得なような間違った価値観を持って終点まで来ました。



だいたいが折り返すのでしょうから、昨日掲載の新宿駅西口とそう変わり映えしないのは当然です。



バスの車体については、



何も語る術を持ちません。この色が都営バスであることをようよう見分けるくらいの知識ですが、
「バス路線探検家」を名乗り「秘境路線バスをゆく」なんて本に偉そうに記事を載せています。



ビルの間から少しだけ見える東急京急。



いろいろなバスを一緒に写そうと頑張った結果。



東急バス。側面に主張がない場合は、「都営じゃないバス」という逃げ道もありです。



六本木ヒルズヒルズゆきがなんとなく偉く感じられるのは、私が田舎者で権威主義だからです。



本数的には、新宿駅西口行きと変わるわけでもなく、乗客の質も違いが感じられるはずもなく。



歩道橋を見つけたら、



とりあえず登るルーチンは東京でも変えず、ブレない自分を確認して悦に入ります。



東京は坪単価が高いですからね、このバス発着スペーズ全部で何億するのやら、
って浅ましいことを考えながら写真を撮っていたかどうか、三か月経った今はすでに闇の中です。



ノンステップバス。



ひとつの乗り場にひとつの系統発着なので、ちゃんと列ができます。
いや1時間に3本も4本も来るのに列がこれだけ長くなるのはさすがです。

西鉄は系統が多いので整列乗車できないことを民度の低さがと見做す人がいますが、
こうやって設えられた方向性に何の疑問もなく従うことの方が人間として終わってると私は思います。
そういう考えだから大成する見込みがないのは、自覚しておりますので教えて戴かなくてもよいです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(2)その他