地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年07月03日

小杉窯:和多田用尺と和多田駅


小杉窯、お友だち。



唐津焼。



いらっしゃいませ。



展示工房。



魚を象ったものとか、



海の生きものとか、



ただの置物ではなく、蓋物も洒落た造型。



このへんが当方のいちばんのツボ。でも壺ではなく皿。



最寄り、昭和バス用尺南。



大手口と循環に、座川内経由の青翔。



反対側、



からつ号が停まりますので、本数は圧倒的にそれ。



人が多い時もあるのでしょう。朝の通勤時間帯ですかね。



イオン号。



高架下に、



和多田駅。



唐津と東唐津の間。



東唐津川には鏡山。



そして唐津方面。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)昭和バスその他

2018年06月28日

筑肥線にあそぼーい:前原⇒唐津車内


ちびっこのお見送り萌え。



車内でもらえた、記念乗車証。



裏にスタンプ押します。



展望席。



私の席は、そのすぐ後ろですが、窓が広いので、外を眺めるには充分です。



浜崎。各駅に旗を振って見送る人や、カメラを構える人たち。
たくさん撮りましたが、載せるのにいちいち加工するのが面倒なので、心の眼で想像補完してください。



駅員さんは直立不動でした。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)その他

2018年06月12日

萩尾分校前


走っているのは土井所属なので、ここは福岡茶エリアかなぁ、と悩む場所。



バスの行先は篠栗。



こちらは町のバス。地元の人が使えるのはこちら。
先ほどの西鉄バスは付近の集落を顧みることなく、呑山観音と篠栗を結んでいます。
萩尾くらい停まってもいいんじゃないかと思うんですが。

■呑山観音寺
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1991449.html



立派なおうち、という小学生でも言える感想。45年生きている矜持は特にありません、成長も。



バス停にはもれなく反応する一貫性には自信があります。褒めてもらえるようになったのは最近です。
ということは、セルフプロデュースは上手になったんだと思います。



オアシス篠栗、福祉巡回バス、萩尾分校前。



投げやり。
どこに行くのか、どうやってつかったらいいのか、初見の人にも分かるように掲示するのが親切で、
特定の勝手知った人たちだけにしか分からない表現は怠慢と言います。

でもバス停って全国的に往々にしてビギナーストレンジャーの利用を阻む体裁で、
そういう不便さがマニアとしては支配欲征服欲をそそられる部分も無きにしも非ず。
具体例を挙げようと思ったら下ネタばかり並んだので、以下自粛。



萩尾神社



カフェ。



車販売中。



8万。



分校はこちら。



立派です。

ブログ10周年を前にして、未掲載なまま長い間残している写真を整理しようと目論んでおりまして、
毎日掲載箇所や撮影時季がバラバラな記事となっております。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)その他

2018年05月02日

熊本での西鉄併走


熊本の路面電車、杉塘から新町あたりの間で、西鉄バスと市電車両の併走を狙ってください、
というミッションを運営さんから与えられています。

私としては、西鉄バスと路面電車のコラボもですが、
「ぱっと見て熊本だとわかりやすい場所で西鉄バスを撮れればいい」
と思いましたので、段山と蔚山の間の、このカーブでバスを待ちます。



トンネルがランドマークになるので、風景的には満足なのですが、
バスの前に車が居た場合、車体の側面が見える段階では車に視界を遮られるので、
こんな感じで面従の写真しか撮れない危険性あるよなー、と思いつつ来たバスでテスト撮影。

カーブのちょっと後ろで待機しているので、バスが来るのは直前まで見えません。
直線区間で撮影している同行者に、「バス来たらこっちにも教えて」とお願いしていたのですが、
「バス来ました!!」のリアクションが、なんかすごく興奮してるんですよね。



熊本にこの西鉄の遺産がいるのは知っていたのに、
路面電車と西鉄バスの並走と聞けば思い出してもよかったのに、
この姿を見るまで、まったく想定していませんでした。

運営さんの雰囲気づくりがよかったのだと思います。



西鉄バスと西鉄路面電車の並びです。二度と見られないかもしれません。
いい経験させてもらいました。ありがとうございます。

ここに到る経緯は、こちらの前記事から順に辿ってください。
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041714.html

もしくは、今回の廃止路線完全復活祭#6を最初からご覧になりたい場合こちら
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041706.html

そもそも、西鉄バス廃止路線完全復活祭って何だ?という方への拙い説明
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1966109.html

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(1)その他

2018年04月23日

志賀島フェリー散策点景


脇山さんとみずたにさんと3人で志賀島へ船。ああ大岳に行かなくなったよね、としみじみ。



きんいん3で西戸崎到着。



ほどなく、船は志賀島へ向けて出航します。



現在の西戸崎旅客待合所。以前はもっと駅と離れてましたけど、



今はすっかり徒歩圏内。まあ拠点が近接するメリットもあるでしょうし。



志賀島までバスで移動して、さらに先へ行くのにバスを待ちます。


  


Posted by ちょんびん at 19:00Comments(0)その他